パラトレfxと天底チャートは鉄板の組合せかも

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

パラトレfxと天底チャート

前回も書いたのですが、パラトレfxと天底チャートは鉄板の組合せかもしれません。

まあ今のところなんですが。

天底チャートの導入でダマシに惑わされることが劇的に減りました。

更にどの辺りが天井なのかとか、どの辺りが底なのかという事が大まかですがグラフで分かります。

パラトレfxでサインが出るのを待って、サインが出たらイサムマークやレベル、相場自体の傾向などをチェックして天底チャートをチェックします。

流れを見てその流れの位置などをチェックして、それでエントリーするかを決めます。

確かにエントリーチャンスは少なくなりますが、お陰様で勝率がグッと上がってきました。

今もこの記事を書きながら、サインが出ているのでエントリーのチャンスをうかがっているのですが、いかんせんもみあいの状態なのでなかなかエントリーできません。

まあ、もみ合い中にエントリーしても稼げませんしね。

パラトレfxは順張りで、傾向がしっかり出ている時でないとその威力を発揮できないと感じています。

レンジで稼ぐノウハウの恋スキャfxがこういった時は役立ちそうですが、僕は他の作業に充てています。

あとこういっノウハウやツールの弱点ともいえる指標の発表の時はエントリーはしません。

興味のある方はお勧めのFXノウハウのランキングをご覧ください。

ランキングの1位と2位にしています。

⇒ 第1位 パラダイムトレーダーFX

⇒ 第2位 天底チャート 株225FX

天底チャートのメインのノウハウは株なのですが、特典でMT4用があります。

設定のPDFもあるので簡単に設定できます。

今回は予想以上にいい組み合わせを発見できた嬉しさで記事を書きました。

これってもしかしたら本当に鉄板の組合せなのかもしれないなあと、レンジ相場をチラ見しながら動き出すのを待っています。

追記

この記事を書き終え少ししたらポンド円で買いのサインがパラトレfxに出ました。

天底チャートを見ると綺麗なパターンが出ていました。

少し様子を見てからエントリーしました。

始め思わぬ展開になっていましたが、じょじょに上方向に向かっていき、一気に140.5まで上がりました。

ここらへんにパラトレfxの抵抗線があったので、少し下がったところで決済しました。

かかった時間は、15分から20分くらいです。

それで155pipsゲットです。

いまのところパラトレfxと天底チャートは鉄板の組合せのように感じます。

パラトレfx自体秀逸なツールだと思うのですが、天底チャートでどこまでが分かるようになって我慢が出来るようになってきました。

ちょっと例えが変かもしれませんが、パラトレfxは高性能なスポーツカー。

しかし、残念ながらメーターがもう少しという感じで、天底チャートは高性能なメーターといった所でしょうか。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。