投機の考え方でfxを始めることが出来る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

fxは投資として始めることが多い取引であり、実際にfxを投資と解釈している専門家は多く存在します。

しかし、fxは投資だけではなく投機の一面も持っています。

投機と言うのは、短期間の中で自身の利益のみを追求する手段のことを言います。

fxの中ではデイトレードが投機の典型的な例で、実際にデイトレードで大きな利益を得ている人は多いです。

では、なぜfxでは投機を主軸として取引が出来るようになっているのでしょうか。

それは、投機を主軸とする事が出来るシステムが最初から用意されているからです。

fxではこのシステムのことをレバレッジと言います。

レバレッジは、ハイリターンハイリスクの手段でまさしく短期的な取引に向いているものです。

自身が持っている資金を10倍、20倍と大きくすることが可能であるため100万円程度の資金であっても数千万円の取引を行っているのと同じ結果を得ることが出来ます。

また、一日だけレバレッジを使うことも可能であるため、短い期間だけ使うのであればそれほど大きなリスクにはなりません。

予測不可能なときにまでレバレッジを使う必要はないため、使用方法を間違えなければ極めて安全なシステムです。

投機を始める人にとっては、非常にfxは使いやすいのです。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。