FXで勝てる人、負ける人

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

FXで勝てる人、負ける人の特徴

FXで勝てる人、負ける人の特徴とは、状況判断断ができるか、情報収集ができるか、それらの精度を上げる努力を常に意識して行動に移しているかが出来ていれば、勝てる人。

出来ていなければ負ける人です。

これらを養うには知識と経験と行動力、持続力が必要です。

これらが身に付いてくれば勝率も上がってきます。

どのくらい一般的なギャンブル的要素を排除できるかです。

例えば、経済指標をチェックするか否かでも勝つか負けるかが決まってきます。

今朝早朝にFOMCでイエレン議長の発言に注目が集まりました。

内容によっては変動が起こる可能性がありました。

こういった時、初心者はこのような時はエントリーは控えておいた方が賢明です。

どうしてかというと、変動の速さが半端ないからです。

エッ??と思った瞬間に大勝利か大損かが決まってしまいます。

下手をしたら決済逆指値を指定していても効かない時があるからです。

僕は過去に何度か経験しました。

朝方の3時まで待っていて、大損してしまってはシャレになりませんね。

こういう時に役に立つのが情報収集です。

しかも高い精度のものでなければ、一般的なギャンブルの色合いが濃くなってしまいます。

普段からCNNやBBC等の経済系の番組やウォールストリートジャーナル等をチェックしたりして情報を収集していればなんとなく今のアメリカの状況が見えてきます。

これは大まかな感じで、もっと精度を上げるには、有料の情報を買う方法があり、個人でFXをやっている場合はここら辺が限度かなと思います。

あとは、有料の情報を提供している人の精度になってくるので、出来るだけ詳しく調べる必要があります。

どうしても、無料の情報では限界があります。

FXで勝てる人、負ける人の差は良質な情報を得られる人

なるべくお金をかけないで投資をやろうとすると、どうしても限界があります。

情報収集にも資金を投入できる人の方がFXでは勝てるパーセンテージは上がります。

お金をかけないで資金を増やすには、自分で学び、知識を吸収しその知識を基にして経験を積むしかありません。

しかし、何もガイドブックを持たずにトライするのは、かなりの時間がかかりますし、労力も必要とします。

それで得られるものが大きいものであれば、その努力は報われますが、必ずしもそうとは限りません。

やはり評価の高いマニュアルは必要だと思います。

なぜなら、勝てるようになる近道だからです。

経験者の知恵を借り、事前に知識を吸収しておけば、その知識を利用して経験を積むことができます。

経験を積んでいけば、相場観が養われます。

相場観が養われていくと、余裕が生まれるのではないでしょうか。

余裕が生まれれば、FXに対する興味や情熱も出て来るのではないでしょうか。

そうなってくれば、為替や政治・経済について調べたりチェックするようになってくるのではないでしょうか。

それが、継続できれば自然と詳しくなってきます。

そうなれば、また勝てる確率が上がります。

そうして、勝てるようになってくると、資金的にも余裕が出て来るので、より精度の高い情報を買うことができます。

更に勝てる確率は上がります。

評判の高いマニュアルはその第一歩です。

マエストロFX画像


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。