FXのノウハウを学ぶための相場格言

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

FXの相場格言からノウハウを学ぶ

相場格言は、日本で米相場があるときに蓄積されたものが中心となります。

古い時代のものなのですが、相場に関するノウハウがたくさん詰まっていて、現代でも役に立ちます。

米相場というのは、コメを売買する市場のようなものではなくて、現在で言うところの先物市場です。

FXも金融先物であることを考えれば、通じる部分があるのでしょう。

江戸時代に作られたものですから、あまりにも古臭いと思う人もいるでしょう。

しかし、古くから言い伝えられているということを考えた場合に、そこに意味があると考えられます。

それが重要だと多くの人が認識してきたために残っているのですから、多くの人に共通することなのです。

例えば、「しまったは仕舞え」とあります。

予想が外れて「しまった」と思った時には手仕舞うことでリスクを抑えることができます。

しかし、予想が外れた時に、「これは一時的なことで、すぐに利益がでる」という希望的な思い込みを持って、損失をさらに拡大させてしまって経験は、初心者にありがちです。

誰もが経験することではないでしょうか。

時代に関係なく多くの人に共通することが現在まで残っているわけですから、凝縮されたノウハウだと考えらます。

FXで困った時に相場格言を見てみると、学ぶことは多いでしょう。

他には、有事のドル買い、利食い千人力、頭と尻尾はくれてやれ、見切り千両、トレンドを友とせよ、下手な難平ケガのもと、売るべし 買うべし 休むべし、利乗せは最後にやられる、初押しは買い 初戻りは売り、二度に買うべし 二度に売るべし、知ったらしまい、もうはまだなり まだはもうなり、指値は変えるな等があります。

相場格言でググるとたくさん出てきますので、時間のある時にでもチェックしてみて下さい。

お勧めのFXノウハウ(ツール)のご紹介

infotopで売れ続けている人気ツールです。

いろいろな評価サイトでも好評です。

今までの経験上、ツールやインジケーターもしくはテンプレートがあるのとないのとでは、FX初心者には天地ほどの差があると感じました。

漠然とチャートだけ見ても今後どう展開するのかなんて全く予想できませんでした。

何かしらのガイドがあった方が心強いと思います。

ドラゴン・ストラテジーFXのツールには魅力を感じてしまいます。

3つの神器とは、
・トレンドをつかみ、決済ポイントを導き出すドラゴンバンド
・エントリーポイントを自動で出すドラゴンローズ
・状況をひと目でつかめるドラゴンメーター

魅力を感じるのはこれだけではないんですけどね。

公式サイトはこちらからどうぞ。

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~

使い方動画というのも用意されていて初心者でも使えるようになると思います。

初めてノウハウやツール等を購入するのであれば、覚えておいてほしい事はこれは単なる始まりです。

これから知識や経験を積んでいって勝率をより上げられるようになって下さいね。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。