FXの平均と分散のノウハウを応用したボリンジャーバンド

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

統計学のノウハウをFXに応用=ボリンジャーバンド

統計学では平均と分散という概念がよく用いられます。

たとえば、偏差値という言葉がありますが、平均が偏差値50と定められていて、分散の平方根である標準偏差を10倍して加減します。

このようにすることによって、平均とその乖離を知ることができます。

この統計学のノウハウをFXに応用したのがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドをチャート上に表示したときの中心線は移動平均線です。

そして、そのすぐ上に表示される+1シグマラインは、標準偏差1つ分だけ上を意味します。

偏差値で言えば60です。

同じように考えれば、+2シグマラインは偏差値70、+3シグマラインは偏差値80だと考えられます。

?1シグマラインは偏差値40、?2シグマラインは偏差値30というように感がればわかりやすいでしょう。

プラスマイナス1シグマラインが継続的に達成されていればトレンドが発生していると考えられます。

プラスマイナス3シグマラインに達すると、過熱感があると判断し、一時的に押し目、あるいは吹き値が形成されると予想するのが一般的です。

FXに統計学のノウハウを応用したものはいくつもありますが、ボリンジャーバンドは最もシンプルで使いやすいものだと言えるでしょう。

売れ続けている良質FXノウハウ

もうかなり前に発売されたFXのノウハウですが、いまだに売れ続けています。

基本スキャルピングという手法で稼ぐノウハウなのですが、その延長で僕はラインの引き方等を学びました。

FXの世界でも勝率100%は存在しませんが、勝率を上げるノウハウだと思います。

全くの初心者だった僕が最初に手にしたノウハウがこの恋スキャFXでした。

もちろんそれから猛勉強をしたのでFXの事はだいたい解かるようになりました。

FXに対するモチベーションを上げてくれたノウハウです。

詳しくはこちらをご覧ください。

恋スキャFXビクトリーDX完全版

しっかりとしたノウハウを身につけて下さい。

いいスタートが出来ると、相場観も早く身に付くのではないかと思います。

FXも投資ビジネスです。

良質なノウハウをマスターして、それから知識と経験を積み重ねていけば思い描いた理想の世界が現実のものとして近づいてくるのではないでしょうか。

大切な資金を無駄にしないようにしっかりと稼げる実力を自分のものにして下さい。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。