FXは勝率が高くても損する可能性があります。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

FXでは勝率がいいからといって損をしないわけではない

FXは、勝率を高めるという謳い文句とともに販売されている情報商材が数多く存在しています。

しかし、実際は勝率は大きな意味を持たないと言えます。仮に、初めの9回の取り引きにおいて9万円のプラスになったとしても10回目の取り引きではマイナス100万円になってしまうと勝率が90%だとしても大きな損になります。

上述した例は非常に極端ではあるものの、根本的な面に変わりないので重要であるのは勝率よりも損益であるということが言えます。

FXを行うのは、勝つ回数を増加させることではなくお金を増やすためであることから損益を注視すべきなのです。

ところが、損益がプラスになるのであれば勝率が10%という低い数値でも良いというわけではありません。

精神衛生上、ある程度の勝率は持っておきたいものです。

FXというのは、為替レートの上下を2択する他ないため、通常通り取り引きをしている限りは勝率は50%前後で推移するはずなのです。

この程度の勝ち率があるのなら、利益を出していくことは可能なので勝ち率は50%あれば十分であると言えます。

実際は、50%以下の方でも利益を出している方は多いことからあまり敏感にならず最終的にプラスになるのかを意識した方が良いでしょう。

勝率は目安程度に考えていてもいいでしょう。

勝つことと勝率は微妙にニュアンスが違います。

勝つ事、負けない事、負ける時は小さく負ける事、定かではない理由で損切りを遅らせない事、そして勝った事や負けた事を引きづらない事。

重要なことは資産を増やすことです。

人気のツール&ノウハウのドラゴン・ストラテジーFX

エントリータイミングや今の状況がどんな感じなのか等が見えると安心します。

インフォトップで売れ続けている人気ツールです。

いろいろな評価サイトでも好評です。

今までの経験上、ツールやインジケーターもしくはテンプレートがあるのとないのとでは、FX初心者には天地ほどの差があると感じました。

漠然とチャートだけ見ても今後どう展開するのかなんて全く予想できませんでした。

何かしらのガイドがあった方が心強いと思います。

ドラゴン・ストラテジーFXのツールには魅力を感じてしまいます。

3つの神器とは、
・トレンドをつかみ、決済ポイントを導き出すドラゴンバンド
・エントリーポイントを自動で出すドラゴンアローズ
・状況をひと目でつかめるドラゴンメーター

魅力を感じるのはこれだけではないんですけどね。

使い方動画というのも用意されていて初心者でも使えるようになると思います。

初めてノウハウやツール等を購入するのであれば、覚えておいてほしい事はこれは単なる始まりです。

これから知識や経験を積んでいって勝率をより上げられるようになって下さいね。

公式サイトはこちらです

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


お勧めのFXノウハウ


ピックアップ記事

  1. 2017.04.24 | トレード日記

    大窓が開いた後はヨコヨコ
    今朝は大窓から始まりました。1円以上の大窓です。よく…
  2. 2017.04.21 | トレード日記

    経費だと考えられない損失が資金を減らす
    なんとなくなんですが、トレードにおいて経費と考えられない損失…
  3. 2017.04.20 | トレード日記

    4月20日パラトレチャートでわかったこと
    4月20日は睡眠不足と用事があったのでちゃんとチャートを見る…
  4. 2017.04.19 | トレード日記

    一目均衡表を導入してみました
    一目均衡表の存在を知ったのは、マナブ式FXだったので、ずっと…
  5. 2017.04.18 | トレード日記

    2つのインジを新たに追加してみました
    MATouch AlertとGonzo_MaAlertという…
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。