FXノウハウ

FXの分散投資のノウハウ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

FXのノウハウの一つとして分散投資があります。

一般的な分散投資では、リスクを抑えるために価格変動の異なる資産を組み合わせるのですが、FXの場合にはリスク分散という意味もありますが、相対的な利益を生み出すと考えたほうが良いです。

ただ単に複数のポジションを持てばよいわけではありません。

例えば、ドル/円を買ってユーロ/ドルを買い、ユーロ/円を売るというポジションを持った場合、これが無意味なことは分かるでしょう。

手数料を多く支払いたい人ならそれでも良いですが、普通の人ならそうするべきではありません。

分散は、相手通貨に対してのみ行うのが基本です。

例えば、ユーロが上昇すると予想すればユーロを買えばよいのですが、なにを売るのかということが問題となります。

基軸通貨であるドルに着目してユーロ/ドルを買うというのも良い方法ですが、売る通貨を分散して、例えばユーロ/ドルの買いポジション、ユーロ/円の買いポジション、ユーロ/スイスフランの買いポジションを組み合わせるのは良い方法です。

このようにすることによって、売る通貨によるリスクを分散できます。

FXでの分散投資のノウハウは、他の投資対象とはやや異なりますから注意が必要です。

関連記事

  1. FXの保ち合い放れのノウハウ

  2. FXはチャートのノウハウを理解することから始める

  3. FXのノウハウを学ぶためのテクニカル指標

  4. FXの変動幅に関するノウハウ

  5. FXを行う場合のノウハウについて

  6. FXのトレンド追随のノウハウ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。