FX

fxを始めるにあたっては口座の開設が必要

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

fxを始めるためには、まず口座を開設することが必要です。

fx取引を行える口座を開設できる会社にはいろいろあります。

その中には銀行や証券会社も含まれます。

ただ、銀行や証券会社の口座を持っているからといって、その段階でfxを始めることが出来るわけではなく、それらの口座とは別にfx専用の口座を開設しなければいけません。

すぐに取引を始めたいという場合は、既に口座を持っている銀行、証券会社のfxサービスに申し込むのがいいでしょう。

というのは、既に身分証明書を送っているので、改めて送る必要がないからです。

本人確認作業の手間がかからない分、即時、利用を開始することが出来ます。

しかし、銀行や証券会社が行っているfx取引では、スプレッドが広めに取られていることが多いです。

スプレッドというのは、売値と買値の差のことで、これが大きいほど、買った時点、あるいは売った時点のマイナスが大きくなってしまいます。

短期売買で利益を上げるという取引の場合、スプレッドが広いほど難しくなってしまうので、出来るだけ狭い方がいいのです。

スプレッドが狭いところで取引をしたい場合は、銀行や証券会社以外の業者で口座を開設した方がいいでしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. fxの短期トレードを始める際に必要となる基礎知識

  2. fxを始めるために最低限必要な知識

  3. レバレッジを理解してからfxを始める

  4. fxを始めるなら口座開設から

  5. FXのトレンド転換サインのノウハウ

  6. fx取引を始めるには

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。