fxトレード等週間報告ブログ

fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

この記事を読むのに必要な時間は約 35 分です。

fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

fxトレード等週間報告ブログ11月第4週を始めます。

今週の僕的な注目点は、先週金曜日にクラリダFRB副議長の発言の影響でドル円相場は急落をしました。

その影響は今週まで及ぶのかどうかという事と、先週の終わりにサブモニターのマナブ式fxの5分足と15分足のチャートに導入したTheClassicTurtleTraderが機能してくれるのかどうか、また機能してくれるのであればどのくらい信頼できるものなのかを注目していきたいと考えています。

先週はこのTheClassicTurtleTraderの事をあまり詳しくは紹介していなかったので少しだけ詳しく書いて見ます。

というか、考えたら無料のインジケーターの事を説明してこなかったなあと今反省しました。

これからはこういった無料のインジケーターの説明もしていこうかなと考えています。

なんだかこのブログも少しずつではありますが、fxブログっぽくなってきている感じがして嬉しいなあ。

どうしてこのインジケーターに行きついたのかというと、本当に偶然です。

他のインジを探している時に偶然見かけて、その時は全く考えていなかったのですが、何だか気になって試しにダウンロードしてみました。

fxブログっぽくしようとしてネタ的に入れてみたわけではないですよ。

まだそんな余裕はないです。

TheClassicTurtleTraderで検索してみると、400件ほどヒットしました。

少なっと思ったのですが、なんでもfxの世界では有名な方々が始めたプロジェクトの名前がタートルズというらしいですね。

そのプロジェクトというのが、トレーダーは育成できるのか?を知るために始めたそうです。

それで結果はどうなのかというと、トレーダーは育成できるという事になったんだそうです。

有名な方々というのは、リチャード・デニスさんとウィリアム・エックハートさんというそうです。

このお二人が育てたトレーダーさん達も大きな利益をあげられたそうで、注目されたんでしょうね。

しかし、この手法は長らく謎に包まれていたそうなのですが、どうやらその手法はドンチャンブレイクアウトシステムというシステムじゃないかという事になってきたそうです。

そしてそのドンチャンブレイクアウトシステムの売買チャンスを表示してくれるのが、TheClassicTurtleTraderというインジケーターだそうです。

まだちゃんと使いだして1日目なのでこれはめっけものだ!なのか、やっぱり無料のインジケーターだなあとなるのかは何とも言えませんが、今の所5分足では、機能しているように思えます。

ただ、イグジットは何処ですればいいのかがわかりづらいのかなあとも思いました。

今日が月曜日という事もあるのかもしれませんが、いまいち動くが良くわかりません。

僕はこれまで月曜日は様子見が基本だったので、戸惑う感じの場面がいくつかあったのですが、今までダウンロードしてきたサイン系の無料インジの中では今のところ一番いいような気もしています。

今日は、パラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドも微妙に機能していないような感じもしていますが、まだニューヨーク時間までにはまだまだ時間があるのでわかりませんけどね。

今日はスキャルピング日和なのかな。

それともう一つの注目点の円高傾向の流れは今週も継続するのかという事なのですが、今の所わからないのですが、東京時間ではそれはない感じでした。

ヨーロッパもなさそうです。

この感じであればニューヨーク時間も同じかもしれませんね。

モニターを3台にして視覚的にわかりやすくなった反面、前よりも惑わされるようにもなってしまったのかなとちょっと感じています。

これは使いこなせていない証拠なんでしょうね。

その事に気づけたことは収穫かなと思いました。

特にマナブ式fxの5分足と15分足のチャートは、2分割にしているのですが、これを固定してはいけないなあという事を学びました。

2分割自体は問題はないと考えているのですが、流れを見るときには2分割だとわかりづらくて流れを読み間違える可能性が高いなあと思いました。

特に15分足は僕的に重要になってきていて、当面の流れを知るにはちゃんと切り替える癖をつけないと読み間違えてしまうなあと思いました。

流れを定期的に見たり、高値や安値が更新された時などは、再度流れをチェックしないと大きな失敗を知らないうちに呼び込んでしまう可能性が高くなってしまうんだなあと思いました。

それでいきなりかよっていう風になるんじゃないのかなと思いました。

重要指標や発言、HFの介入などではない限り流れに乗っているように思えるようになってきました。

これは、メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのバンドのお陰なのかな?

しかしきょうは、パラトレfxのカラーゾーンとかあまり関係ないような気がするなあ。

まあそういう時もありますね、相場は生き物のようなものなんだから。

やっぱりfxブログっぽくないなあ。

11月19日月曜日

円高傾向で終わった先週ですが、果たして今週はどういった展開になるのでしょうか?

今日は少しだけ早起きをして相場をチェックしました。

少しだけ窓が開いていました。

僕が相場をチェックしたのは朝の8時過ぎの事でしたが、その時はまだ窓は閉じられてはおらず、下落傾向で今週は始まりました。

僕のチャートで112円80銭くらいです。

下落が止まったのは、112.599です。

今日の重要指標や要人発言は、午後0時半に日本の黒田日銀総裁の発言があり、日付が変わってすぐの午前0時45分にアメリカのウィリアムズ:NY連銀総裁の発言があります。

112.599でメインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの黄色丸に星印がつきました。

それから少しして同じく今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのNEOのエントリーサインが出ました。

この時の上昇は112.803まで上昇したのですが、この時についたのは黄色丸だけでした。

バンドも下方向に向かっていました。

サブモニターの天底チャートmt4とパラダイムトレーダーfxのチャートのパラトレfxの方のボリンジャーバンドもがっつり下を向いています。

これはもう下だなと考えてしまったのですが、浅はかでした。

もっとしっかりと相場の検証をしないとだめだなあと反省の材料になってしまいました。

黄色丸だけのまま下落が始まったのですが、一度112.620まで下落して少し戻して112.624まで再下落しました。

この後に黒田日銀総裁の発言があって、この発言が原因かはわかりませんが、ここからジワジワと上がって112.819まで上昇しています。

この時にTheClassicTurtleTraderがやや早めにでたのですが、バッチリサインが出たなあという感じのものは今のところここだけのように感じました。

それまでにも何回かエントリーサインは出ているのですが、いまいちピンとこない感じです。

相場との相性もあるのかもしれませんが、今週様子を見てこのまま表示させておくかもう外してしまうのかを決めたいと思います。

感じとしては、サブモニターのマナブ式fxの5分足の方とは微妙にズレがあるというか微妙に食い違っている感じがしました。

3 level zz semaforkjのナンバリングと5分足の方の天底チャートmt4のラインを見ながらトリックスを追っかけていった方が僕には合っているのかなと早くも感じています。

こうやった書き方をしていると、fxブログというかfxインジケーター実験ブログのような感じですね。

一旦TheClassicTurtleTraderに注目をするのを止めて、従来のチャートの見方に戻してみようと思います。

これでチャートが見やすければ、僕的な王道は元のやり方だったんだなあと確認できたんじゃないのかなという事なんでしょうね。

こうやって時間がかかってしまっても自分のルールが確立できたのであれば、急がば回れでよかったのかもしれません。

そうやって考えてみれば、少しはマインドも鍛えられてきたのかな。

そうはいってもまだまだチキンなところもあって、それで助けられている所もあれば、成長できていない所もあると自覚があるのでまだまだ未熟ってことなんでしょうね。

fxの塾ってたまに目にしたりするのですが、いい塾には入れればきっとそれが一番の近道なんだろうなあと思います。

いい塾かどうかを見抜くのが大変そうですけどね。

これって、有料のノウハウを探す時と似ているなあと思います。

ただ、いい塾かどうかを調べる事の方が難しいような気もします。

ちゃんと探していないので正確なことはわかりませんが、ノウハウを検証するブログやサイトは結構あるのですが、fx塾に関しての情報は少ないような印象です。

そういえば今日は株価をあまりチェックしていなかったので、先ほど株価などをチェックしてみると、日経平均株価はプラスで終わっていました。

今日は日経平均株価との連動はあまり見られなかったように思いました。

ちょっと驚いたのは、ビットコインでした。

5パーセント近く下落しています。

日経平均株価は、プラス140.82でプラス0.65パーセントです。

アメリカの平均株価はどう動くのか気になるところです。

株価の事を書いていたらなんとあのゴーン社長が逮捕されたというニュースが流れてきました。

これは明日の日経平均株価の動きも気になってきますね。

しかしビットコインの下落が止まりませんね。

遂に7パーセント台まできました。

ニューヨーク時間の前半はあまり動かないですね。

やはり動き出すのは日本時間の深夜なのかな?

今日はストレスを感じる部分もあったけれど得るものも沢山あった日だったのではないかと思いました。

問題点や疑問点が出てきてそれが改善できた時は嬉しいですね。

PDCAサイクルはfxでも使えるのでどんどんこれからもトライしていこうと思いました。

11月20日火曜日

昨日触れたビットコインですが、今日は更に下落していますね。

僕が見た時の最安値は507,000円でした。

だいぶ下落しましたね。

40万円台がもうそこまで来ています。

ここが買い時なのか、少しでも早く逃げた方がいいのか、思案のしどころなんでしょうね。

僕だったら怖くてできません。

なぜかというと、fxは、もうたくさんの先輩方がいるのに対して仮想通貨は先人の数が少なすぎて投資先に向いているのかどうかの判断が出来ないからです。

きっと株も同じなんでしょうが、先人がいらっしゃると手法が確立されている部分があるので、あとは自分に合った手法に巡り合えれるかどうかだと思うのですが、仮想通貨はそこが僕的には読めないんですよね。

勝率が少なくとも6割は無いと怖いです。

理想は9割ですが、7割できれば8割あると可能性を感じます。

そうやって考えると先駆者ってめっちゃマインドが強いですね。

あと、こうやってfxブログを書いていると毎日の反省点が見つかって、どうやったら改善点が見つかるのかを探して、良さそうな無料のインジケーターを幾つもダウンロードして試していくうちに自分が求めているスタイルみたいなものが段々と見えてきたりして、そうやっていくうちに少しずつ相場に慣れてきていって、慣れてくると焦らなくなってきて、気持ちの切り替えも出来るようになってきました。

結果的にマインドも鍛えられてきているんでしょうね。

こうやってマインドや相場に慣れていくと自分に有利な相場観が養われていくんじゃないのかなと思うようになりました。

わからない時はわからないと割り切ることが出来るようになるとパニックになりづらいんだなあと感じています。

そうすると、わかるところが見えてきたりするようになってきたんじゃないかなと思えるようになってきました。

まあ、まだまだなんですけどね。

今日は日経平均株価の事から。

昨夜のゴーンさんの件からなのか、日経平均株価は今日もマイナスで終わっています。

アメリカも随分落としています。

次に今日の重要指標や要人発言は、午前9時半にオーストラリアのRBA議事録公表があり、午後5時20分に同じくオーストラリアのロウRBA総裁の発言もあります。

また、午後7時ちょうどにイギリスのカーニーBOE総裁の発言があり、午後10時半にアメリカの住宅着工件数と建設許可件数の発表があります。

ドル円相場の大きく影響がありそうなものは無いように思います。

とは言っても油断していると落とし穴があったりするので緊張感をもっていたいと思います。

今日の日中は午前は上昇、それから少しグダグダかなとも思える下落の展開となっています。

僕的には少しやりづらい展開となってしまいました。

さてヨーロッパ勢が本格的に参入してくるとどちらに動くのかですね。

昨日様子見をしていたTheClassicTurtleTraderですが、まだ様子見中です。

機能しているなあと思える場面とそうではないように思える場面が大体半々くらいあって、MAを何日か前から足しているのですが、これがいい感じなので今は一緒にだったら僕にもわかりやすいのかなと思い様子見をしています。

やっと直近の最安値を更新しました。

ですが、112円30銭の壁は厚いらしく今の所破られてはいません。

ちょうどサブモニターのパラダイムトレーダーfxのカラーゾーンの下限がそこら辺なので破ったとしてもタッチして終わりなんじゃないかなと予想しています。

それにしてもアジア市場よりもヨーロッパ市場の方が動きがアグレッシブですね。

今日は何回か下向きにトライする場面がありましたが、継続せずすぐに戻されていました。

アジアタイムは警戒しながら市場判断をしていかないと逆に損切りをさせられてしまう可能性が高いなあと特に今日は思いました。

午前中は、比較的上げる傾向にあるのかなとも感じているのですが、仲値あたりは要警戒で前場の終わりまでとか後場の始まりとか何かしらのきっかけがあるまで続いているように思えるのですが、それは僕だけなのでしょうかそれは僕だけなのでしょうか?

後場はその反動なのでしょうか比較的に下げる傾向にあるように感じています。

もちろん株価の動きやファンダメンタルズも影響してくると思うので一概にそうとは言い切れないところにfxの難しさもあるんだろうなあとも考えています。

そしてヨーロッパタイムになると比較的に上昇しているのかなと感じていますが、今日のように流れを受け継いで一気に下落という事も多々あり得ることだと思うのでヨーロッパタイムだから上げとかというような単純なものではないと思います。

相場を読むという事はこういう事でもあるんでしょうね。

更にアメリカタイムになるともっと動きがアグレッシブになっているのかなと思います。

時間が時間だけに体感した事はかなり少ないのですが、翌日に振り返って見るとそういう風に感じることがたくさんありました。

今日の発見は、5分足で36日線が僕的に非常に有効なのかなという事を発見したことです。

大体この辺りに沿って動いているように感じました。

勿論絶対という事はありませんが。

これは嬉しいというか、とても心強い味方をまた一つ発見したように思います。

11月21日水曜日

アメリカのダウ平均株価は、昨夜も大幅な下落で終わっています。

それでもまだ2万4千ドル以上をキープしているので景気がいいという報道も頷けます。

そして日本はというとマイナス要因がいくつかあるものの何とかしのいだという感じのマイナス75.58で引けています。

今日はいつもよりも早く目が覚めてしまったので早めにパソコンを開いたのですが、早起きは3文の得というやつなのでしょうか、メインモニターのmarket wave2の上方向の第3波のサインが出ていました。

出た時間はアメリカ時間だったのですが、上昇するとすればアジア時間が始まってからで、きっと午前9時くらいからなんだろうなあと予想していましたが、バッチリその通りに上昇を始めました。

その時に算出された数値は、112.876、113.041、113.307でした。

今日の東京市場の始まりが112円72銭くらいだったので、112.876越えで終わったとしてもまあそこそこおいしい感じですね。

出来れば113円台を見たいところですが、株価と連動するのかとか、何だか微妙なので欲張らない方が無難なんでしょうね。

綺麗に止まった所でイグジットするか、MAの36より下になったらイグジットくらいがちょうどいいのかもしれません。

その前に本日の重要指標や要人発言からです。

午後10時半にアメリカの新規失業保険申請件数と耐久財受注があり、日付が変わって午前0時にミシガン大消費者信頼感指数の確報値、景気先行指数と中古住宅販売件数があります。

それから15分後にイギリスのカーニーBOE総裁の発言があります。

ドル円相場は午後10時半が要注意時間ですね。

午前の上昇に戻りますが、結局正午位につけた112.928が直近の最高値になっています。

113円台見たかったんですけどね。

それには少し勢いが足りなかったようですね。

113円台に行くとしてももしかしたらアメリカ時間なのかもしれません。

ただ気になるのは、market wave2の表示がDN1に変わってしまった事です。

なので一度大きく落ちてくるのかもしれません。

DN1は第1波の事で、この時点では可能性はあるけれどもまだはっきりしない状態のようです。

今回は少し期待していたんですけどね。

というのも、アメリカ時間に第3波のサインがでたのですが、その後に同じアメリカ時間の終わりくらいにもう一度第3波のサインが出て、更にアジア時間が始まってからも第3波のサインが出ました。

今週はTheClassicTurtleTraderという無料のインジにも注意を払っているのですが、今の所機能する時もあるけれど随分サインが出るのが遅いなあと感じるときもあるという感想です。

まあ段々エントリーサインをあてにしなくなってきてはいるんですけどね。

きっかけというか節目みたいなものがあるように感じてきています。

そういった時に相場状況をチェックするように少しずつなってきているのかなと思います。

そうはいってもどれもが成功しているわけではないので、エントリーサインも僕の重要なインジの一つだし、購入して愛用しているノウハウはどれも信頼できるものだと感じているのでうまく使いこなせるように早くなりたいなあと思います。

そういえば、今夜のヨーロッパは少し荒れるかもしれないというような情報もありました。

これはまだどうなるのかわからないので眉唾物ではあるのですが、確かにイタリアがルールを守っていないというようなことが問題視され制裁がどうとか騒がれているようなので、何かしらそれ関連のニュースがあると動くのかもしれません。

ユーロ関連だと思うのですが、ドルも巻き込まれる可能性も無きにしも非ずなのかと思っています。

何だかヨーロッパ時間になってやりづらくなってきたように感じます。

こういう時は様子見が一番なんでしょうね。

下手に手を出しても痛い思いをする確率の方が高いんですよ、僕的には。

5分足のマナブ式fxの平均足も色の統一性が薄れてきました。

こりゃあしばらくヨコヨコなのかな?

どういう所で入ればいいのかがわからない時にふと思い出したのですが、今朝のエントリーはしやすかったなあという事です。

market wave2で数値が出ているのでその分気持ちが楽なんでしょうね。

ここのところ、あまり1時間足や4時間足のマナブ式fxの事を触れていなかったのですが、もう見なくなったわけではありません。

毎回ちゃんとチェックはしています。

ただあくまでも流れをチェックするだけなので書くことまではないかなと思っています。

最近あまり触れていなかったといえば、s type zigzagもずっと愛用しています。

こちらも無料のインジとは思えないくらい便利です。

ふと気がつけば、今日はあまりfxブログっぽくないなあ。

またまた触れていないといえば、パラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドの事も触れていなかったですね。

今日は朝からずっと上を向いています。

カラーゾーンの上限は113円を少し超えたところにあります。

113円台に突入するのはアメリカ時間なのかなと思っていたのですが、案外あっさりとヨーロッパ時間で突入しました。

しかもパラトレfxのカラーゾーンを超えたので僕のルールでは、カラーゾーンの外ではやらないというのがあるので今日はこれで終了しようかなと思います。

それと、マナブ式fxの5分足と15分足のチャートのRCI Perfectを外しました。

これですっきりとしました。

少しもったいないなあと思ったので、実験的にメインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させてみました。

今日は割かしわかりやすかったのかなと思いました。

そして、やっぱりパラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドもかなり使えるなあと再確認しました。

やっと感じがつかめてきているのかなとちょっと嬉しいです。

11月22日木曜日

今日チャートを開けての開口一番、なんじゃこりゃっていう感じでした。

まあ、大騒ぎするような事でもないといえばないんですけどね。

東京市場が始まる前にやたら大きなピンバーが出ていました。

今日の重要指標や要人発言は、ありませんが、午後9時半にヨーロッパのECB理事会議事要旨公表があります。

ここ最近イタリアへの制裁の事があるので注意はしておきたいところではあります。

あと、日本時間で今夜からアメリカは実質連休に入ってしまうので、大きな動きは今週はなさそうです。

11月22日は感謝祭で、翌日はブラックフライデーで金融市場が短縮取引になるそうです。

特に明日の11月23日は日本も勤労感謝の日でお休みなので、サブモニターのパラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドの向きや形によっては、終始様子見に終わる事もあり得るのかなあと思っています。

思い込みはとても危険なのでフラットな気持ちで相場をチェックするつもりではいますけどね。

今日のパラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドの形は、昨日とは打って変わっての割と水平な感じです。

この形の時って僕的にやりづらいという事が段々認識できるようになってきました。

market wave2も今日はだんまりな感じです。

だんまりといっても、DN1になったりUP1になったりはしています。

どちらにも可能性はあるという事だろうから、あきらめる必要はないという事なんでしょうけどね。

昨日サブモニターのマナブ式fxの5分足と15分足のチャートからRCI PerfectとMsBBMACDを外して正解でした。

とてもシンプルになって見やすくなったというか、サブウィンドウのトリックスに集中できています。

RCI PerfectとMsBBMACDは、メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させたのですが、MsBBMACDはこちらでも外してしまいました。

MACD自体はいいインジケーターだとは思うのですが、多くの指摘があるように遅いなあと感じて、これだったら今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのトレンドバーの方がいいなあと感じたのですが、このトレンドバーもすでに外したくらいなのでどれも今はいらないのかなあと思って、思い切って外しました。

いやいや待てよ。

いや、いいかも。

トレンドバー。

トリックスの判断の時に使えるのかもしれないなあと考え直して再度装着。

設定は基本デフォルトでアラートだけオンにしています。

RCIの長期のラインとの兼ね合いもチェックしていきたいと思います。

最近少しだけ今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターよりもマナブ式fxの方に重きを置いていたのですが、なんのなんのこの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターもとても気に入っているノウハウなのです。

特にこのノウハウは初心者さんにとても優しいノウハウだと思います。

なんといってもわかりやすいと思います。

エントリーチャンスの掴み方が僕的には若干合わないので、どうしてもマナブ式fxや天底チャートmt4、パラダイムトレーダーfxに目が行きがちですが、こちらも買ってよかったなあと思っているノウハウなのです。

こうやってブログを書いている間もチョコチョコとチャートはチェックしているのですが、先ほどの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのトレンドバーの設定を変えました。

マニュアルに出ているCさんという方のお勧めの設定に変更しました。

こちらの方が僕には合っていそうです。

ということで、現在メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターで使っているインジは、SP、NEO、STOP、BAND、REAL BARRIER、ENTRY CHANCE、PIVOT PLUSにTREND BARになります。

それに5分足の方の天底チャートmt4のサブウィンドウのストキャスティクスがあるので、これで流れが読みやすくなってきたんじゃないのかなと期待しています。

基本的には今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターって満足しているのですが、そして、インジケーターの追加も嬉しいのですが、新しくなる度に総入れ替えをしなければいけないのが面倒なのです。

これはわがままというやつなのでしょうが、わりと大変。

大前提として、相場は生き物に似ていると思います。

なので、どんなに優れたノウハウやインジケーターをもってしてもマッチする時とそうでない時とがあると思います。

今の僕の段階としては、どのノウハウが今の相場にマッチしているのかをいかに早く知る事が出来るかが肝になっているように思います。

それに、今日のようにいきなり変動がある場合もあるので、そういった時でも慌てないマインドが必要かなとも思っています。

今日のは、黒田日銀総裁の発言によるものだそうですが、あれは怖いですね。

時間があればfxの情報を探したりしているのですが、その情報の中でポンド円が上昇しているようです。

ユーロ円も上昇気味なので、ドル円ももしかしたらこれからつられて上がっていくのかもしれません。

5分足の天底チャートmt4とパラダイムトレーダーfxのチャートのサブウィンドウのストキャスティクスも先ほどからゆっくりと上昇を示し始めて入るのですが、ドル円は上値が重たい感じでもあります。

最後のラインを抜けると上昇の可能性も高まるんですけどね。

今日もまだ終わったわけではないのですが、明日もこんな感じなのかなあ。

今週どうしようかと考えていた5分足と15分足のマナブ式fxのメインウィンドウに表示させていたTheClassicTurtleTraderですが外すことに決めました。

外してみて明日どうかなということを注意してみたいと思います。

11月23日金曜日 勤労感謝の日で祝日

今日は勤労感謝の日で祝日で、ヨーロッパは通常営業ですが、アメリカはブラックフライデーで実質連休だそうで、かなり動かないだろうなあと始める前からやる気があまりありませんでした。

しかし、今年の8月だったかな?つわものがいない時に意外と大きく動いたりしたので気にはなるのですが、何処まで動くのかが普段よりもわかりづらくもあったりするので、よっぽどインジが一致しなければ怖いなあと思います。

こういった日は僕の得意な様子見が一番なのかなと思います。

今日は12月に導入予定のノウハウのために今まで空いていた新しく導入した2台目のサブモニターの左側にとりあえずmt4を配置しました。

今の段階で入れたインジケーターは為替和尚さんのMarketOverLapのみです。

今までのと何が違うのかというと通貨ペアが違います。

しかもいきなり複数の通貨ペアを表示しています。

これでますますfxブログっぽくなってきた感じがします。

何だかこれだけで嬉しいなあ。

今の所ですが、表示している通貨ペアは、基本のドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、オールトラリアドル円とニュージーランドドル円です。

よくある感じのクロス円を中心にしています。

今までドル円のみだったのにいきなりな感じもするので、もしかしたら少し減らすかもしれません。

慣れてきたら足していっても決して遅くはないですもんね。

ドル円だけでもてんやわんやなのに大丈夫なのかなという気持ちもありますが、これらの通貨ペアの分はアラートが鳴ったらチェックしようかなと考えています。

場合によっては、メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターにも同じ通貨ペア達を入れてみるのもありかな。

多分重くなりそうだし、インジの総入れ替えの事を考えたらやらないなあ、きっと。

新しくノウハウを導入したらメインウィンドウに表示している今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのインジももう少しシンプルにしてもいいのかもしれません。

あと、RCI Perfectかなあ。

まあ予定は未定というらしいのでこれ以上は期待はしないようにしているんですが、楽しみは楽しみなんです。

それではfxトレード等週間報告ブログ11月第4週の最終日の重要指標や要人発言からですが、午後10時半にカナダの小売売上高と消費者物価指数があるくらいです。

ドル円相場にはあまり影響はなさそうに思えます。

さすがに今日は株価の動きもあまりありません。

ビットコインは戻しているもののまだ40万円台です。

今日は祝日だからかな?market over lapの時間の表示がおかしいなあ。

午前9時になってもさすがに上昇はしませんでした。

これは日本が祝日だからなのか、それとも何も関係はないのかはわかりませんが、いつもに比べて地味に動いている感じがします。

仲値あたりで今の所の高値をマークしていて、数字は112.999でした。

それからズルズルと下落が始まりました。

この下落にサブモニターのパラダイムトレーダーfxが反応して割かし早いタイミングでエントリーサインが出ました。

エントリーはしませんでしたが。

この下落が意外と長く続いて午後3時くらいまで下落しています。

そこからヨコヨコが始まり、ヨーロッパ市場が始まると一旦は下落しましたが、徐々に上がっていき112円90銭台にタッチしてまた下落しています。

112円80銭付近でメインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させているmarket wave2の下落の第3波のサインが出ました。

算出された数値は、112.706、112.584、112.387です。

今回はどうなんでしょうね。

考えてみたら、こんなシチュエーションでの第3波のサインが出るのは僕がmarket wave2を信頼しだしてから初めてのことかもしれないのでいいデータ取りになります。

普段だったらさすがに112円30銭台はないだろうなあと考えるのですが、今回はどうなんでしょうね。

そんなことを書いていたら、112.767まで下落して、これは案外早い時間で112円60銭台にまで行くのかなとみていたら、ヨーロッパはただの週末だからなのでしょうか、逆に上昇が始まってしまいました。

こういった時にはダウ理論も通用しないんですかね。

ヨーロッパも安全である円に逃げるのかと思ったのですが、どうやらそうでは無いようです。

下げるとしてもアメリカ時間からなのでしょうか?

先ほど通貨ペアの事を書きましたが、他の通貨ペアのクロス円はどれも円高傾向なんですけど、ドル円だけは円安傾向って面白いです。

今週もいい勉強をさせていただきました。

関連記事

  1. fxトレード等週間報告ブログ10月第4週

  2. fxトレード等週間報告ブログ11月第2週

  3. fxトレード等週間報告ブログ11月第5週

  4. fxトレード等週間報告ブログ10月第5週11月第1週

  5. fxトレード等週間報告ブログ11月第3週

  6. fxトレード等週間報告ブログ12月第1週

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。