fxトレード等週間報告ブログ

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

この記事を読むのに必要な時間は約 35 分です。

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週 初めに

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週を始めます。

2018年も残すところあと僅かになってきて、クリスマスを過ぎれば為替相場は閑散相場と化して様子見が主なやる事になってくるのではないかと思います。

僕もこのfxトレード等週間報告ブログを再開して本当に勉強になったなあと思います。

こういったブログを書くことによって、自分のfxの認識度が少しは上がったのかなと感じられるようになってきたし、少しでもfx初心者の方にいい影響がおよんでくれればいいなあとますます思うようになりました。

僕自身まだまだfx初心者かそれに近いレベルだろうなあと自覚しているのでよりfxを始めようかなとか、fxを始めてまだ間もないという方の目線に近いのではないかと思います。

僕自身未だにチャート上で正確なラインは引くことは出来ないと感じているのですが、だったら、それが出来るインジケーターやノウハウをまず使ってみてラインの重要性を確かめてみようと思いました。

元々僕はラインってそんなに重要なの?とさえ思っていたほどで、正確なエントリーサインさえ出ていればガッツリ稼げるんじゃないのかなと思っていました。

ですが、幾つかエントリーサインのノウハウやインジケーター(ツール)で試してみたのですが、僕が絶大な信用をしているパラダイムトレーダーfxのエントリーサインでも、毎回ガッツリ稼げるとは限らないと思い知らされ、他のノウハウやインジケーター(ツール)も試してみたのですが、多少の差はあるにせよ優れたサインツールがあったとしても、それがどこまで続くのかという事がある程度予測できなければ、安定した勝率のアップにはつながらないなあと感じてきました。

いろいろと情報を探ってみると上手いトレーダーさん達はイグジットも上手いんだなあと思うようになりました。

だからといって、fx初心者のような僕は、そこでチャートにラインを引くという発想には行きつかず、あてもなく良さそうなノウハウを探すという発想になってしまうのが、ノウハウコレクター発想だったんだなあと今思えば苦い笑いしかできません。

そうはいっても、その発想のお陰でメインモニターに入れている今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに巡り合えたんですけどね。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを手に入れられたのはラッキーでした。

このノウハウのお陰で、やっと少しは冷静に為替相場と向き合えるようになったんじゃないかなと思います。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを手にする前にもラインツールは幾つかゲットはしていて使っていたのですが、そのありがたみがわかっていなかったというか、チャートが見づらいとさえ思っていました。

ZigZag Trend Lines等はそのいい例だと思います。

このインジケーターは有料のもので今思えばこれ結構使えるんじゃないの?と思えるもので、通常ラインツールって重くなりがちなんだそうですが、これは割かし軽いんだそうです。

今は、僕はデルタfxがあるので使う予定はないのですが、ZigZag Trend Linesを使った感じの印象で決めつけるべきではないなあと反省しています。

使いこなせるように努力をするべきだったと思います。

とはいっても、どう努力すればいいのかがわからなかったとは思いますけどね。

だから今でも正確なラインを引ける自信は皆無なんでしょうね。

その代わりに使えそうなノウハウやインジケーターを見分ける能力は多少は上がっている気はしますけどね。

そして、デルタfxに巡り合ったというわけです。

有料のノウハウやインジケーターがどれもいいというわけではないとは思いますし、無料のインジケーターのどれもが使えないというわけでもなく、それに自分のスタイルというか好みも関わってくるので評判がよくっても自分と合うかどうかは別物のように思うようになってきましたし、その時はそうでもある時何かのきっかけでこれは使えるというような展開も起こりうるわけで、結局の所自分で試してみるしかないのかなと思います。

今の所、失敗も沢山ありましたけどね。

ホントわからないもんです。

いい例が、MTP MA Angle Alertですね、僕の場合は。

MTP MA Angle Alertは、MA(Moving Average)の角度が変わると色が変わるというインジケーターで、アラートも出してくれます。

4000円位するのですが、最初僕の使い方はサブのMAも使ってメインのMAとサブのMAのふたつを使ってクロスすればエントリーという使い方をしていたのですが、どうもしっくりと来なくて使えないなあと感じで外してしまったんです。

それが、今では割かし重要な役割を担ってくれています。

それは、デルタfxに同居させてみようかなという実験からでした。

デルタfxってこのブログでも何度も書いているようにイグジットのタイミングがわかりずらかったりします。

毎回というわけではないんですけどね。

それを補ってくれるのがMTP MA Angle Alertなんです。

いきなりMTP MA Angle Alertに行きついたわけではなく、それまでには5分足の天底チャートmt4の存在がありました。

5分足の天底チャートmt4のメインウィンドウに表示されているラインの一つが今後どちらに動くのかを予想するのにとても便利だという事に気付いて、最初はマナブ式fxのチャートに入れていました。

その後デルタfxを購入してこちらにも入れてみようと考えました。

最初はただの移動平均線(MA)を入れていたのですが、そういえばMTP MA Angle Alert持っていたなあと思いだしたんです。

これで僕も我慢しやすくなりました。

勿論毎回役に立つわけではないですが、結構信頼度は僕的には高いです。

例えば、デルタfxで、デルタEVが下降を示している時があったとして、その後デルタサインが点灯しましたとします。

MTP MA Angle Alertのラインも下向きに流れているとします。

そこでエントリーしたとして、何処でイグジットすればいいのかがわからない状態の時にそこそこの所で反転したとします。

ですが、MTP MA Angle Alertのラインはまだ下方向に流れていてしかも色が変わったとします。

色が変わったという事は、MAの角度が変わったという事を意味していて下降の勢いが強まったと僕は判断しています。

そんな時の反転はそんなに続かないことが多いように思います。

我慢するかイグジットして少しでも勝率を上げるのかの判断にとても役に立っているのです。

勿論デルタfxのチャートだけで判断する事はなく、同じサブモニターの隣にあるマナブ式fxのチャートの5分足と15分足は必ずチェックするのですが、そのきっかけになってくれているのが、MTP MA Angle Alertのラインの向き、角度と色だったりします。

僕の場合パラダイムトレーダーfxもバッチリ現役なのでこちらのボリンジャーバンドやカラーゾーン等も判断材料になっていますけどね。

fxって絶対はないと思っています。

なので、少しでも確立を上げるには僕の場合、複数のノウハウやインジケーターを併用して判断するようにしています。

それでも、予想とは違う展開の時もあります。

そんな場合は、出来るだけ潔く諦めるかを心掛けるようにしています。

そして、展開が変わるまで待つようにしています。

これが出来るようになってきたきっかけはデルタfxなんじゃないかなと思います。

小さくしか取れなかった時は、次も小さくしか取れないと考えてしまっていたので、なかなか次頑張るぞっていう気持ちになれなせんでしたが、デルタfxの投入で以前の考え方が変わってきました。

僕の場合どれか一つを信じ切るとろくなことにならないという考え方があるので、ノウハウやインジケーターの併用というやり方がどうやら合っているようです。

まあ今でも一押しはマナブ式fxなんですけどね。

ただ、僕の経験からするとfx初心者さんだと使い慣れるまでに時間がかかるんじゃないかとは思いますが、慣れるとマナブ式fxのトリックスってこんなに使えるんだっていう風に思えるようになるんじゃないかなと思います。

そうそう、このfxブログのタイトルをFX初心者がノウハウやツールで稼ぐ方法からFX初心者がノウハウやインジケーターで稼ぐ方法に変えました。

こちらの方がしっくりくるかな。

12月24日月曜日

今日はクリスマスイブですね。

しかも、昨日は天皇誕生日で、12月24日は振り替え休日です。

思いっきり閑散相場になるのかと思いきやそれなりに動いています。

とはいっても、参加しているトレーダーさんはいつもよりは少ないだろうからちょっとしたことで動く可能性があるので深追いは禁物かなと思います。

今週の幕開けはそれなりの窓を開けてのアジア時間の始まりとなりました。

現在午後9時半くらいなのですが、まだ完全には窓は閉じられてはいません。

先ずは、今日の重要指標や要人発言からですと行きたいところでしたが、今日は重要指標や要人発言は予定されていないようですし、クリスマスイブでアメリカの株式市場や債券市場は短縮取引となるようなので、今夜は大きな動きは期待できない感じがします。

しかも、明日はクリスマス当日で日本と中国以外のほぼ全ての国が休場になるそうなので、明日もあまり期待できなさそうな感じがします。

午前中は案の情的な感じで緩やかな感じで上昇していきましたが、111.120で止まってしまいました。

動き出したのは午後4時くらいからでした。

パラダイムトレーダーfxのエントリーサインは一度午後3時くらいに下方向で出ていたので、方向は下かなあとなんとなく予想していたので、午後4時くらいの2回目のエントリーサインでそれなりに下がるだろうなあと思いました。

同じようなタイミングでデルタfxのエントリサインも出ました。

ですが、東京市場が始まる前に出た110.910はいまだに突破されていないので、もし円高方向に流れていくのであれば先週出た110.802を突破するのは明日以降になるのかなと見ています。

今日は僕は基本様子見だったので殆どエントリーはしていません。

明日は、日中は動きが少しはある事を期待しているのですが、明日も深追いは禁物なんでしょうね。

12月25日火曜日

昨日は予想をはるかに超えて大きく動きました。

日付が変わる頃に110円25銭くらいまで下降しています。

その後反発して110円60銭くらいまで戻したのですが、また110円26銭くらいまで下げています。

どうやら109円台を狙いに行っているみたいです。

これは、世界同時株安が影響しているのかな?と思うのですが、翌日の12月25日になると日本は通常モードになるので、日経平均株価が気になるところです。

そして12月25日の日経平均株価なのですが、なんと1000円以上のマイナスで遂に2万円を維持できずに1万9千円台の前半まで下落という結果に終わっています。

株をやっているトレーダーさんたちの多くが顔面蒼白になってしまうような事態なんじゃないのかなと思います。

fxの方はどうかというと、為替相場の方も遂に109円台に何回か突入していて、何だか怖い感じすらしてしまいます。

fxの場合はショートを仕掛ければいいので、ロンガーさんも気持ちを切り替えれば不慣れでもそれなりにこの展開を自分のものに出来たのではないかと思います。

今日も重要指標や要人発言はありません。

今日の一番の僕の問題は、サーバーが止まってしまっていてどうする事も出来なかった事です。

なんでも、明日12月26日の午後3時まで止まっているのだとか。

なので今日は完全に様子見しかできませんでした。

と、いっても殆どチャートは見ていなかったんですけどね。

最近デルタfxの導入で調子が良かったので、かなりじれったい感じがしましたが、これは不可抗力で仕方がないなあと気持ちを切り替えて為替相場の動向を見守っていました。

こうやって今日の日中を振り返って見ると、もう既にデルタfxの存在は大きなものになってきているのだなあと思いました。

まあ仮にサーバーが止まっていなかったとしても、今日はなかなかエントリーするのは厳しかったのかなとも思いました。

特に午前中は110円ちょうどくらいから110円40銭くらいの間を行ったり来たりで後から見た感じではあまりおいしくはなかっただろうなあと思いました。

今日の日中というか日本の市場が終わってからの情報は、多くのものが日経平均株価の事で、更に多くのものがネガティブなものだったように感じました。

まあ、こんだけ悪かったらそういったイメージをしてしまうのはある意味正常なんだろうなと思いますが、本当かどうかは怪しいとも思うのですが、今回の大暴落はまだ持ちこたえられるような意見もあってどちらかというと来年2019年の2月の方がヤバいかもという見解もあるようです。

ですがそれもそこまで大騒ぎするような事ではないような事もその記事では書かれていました。

今危惧すべきところは、2024年から2026年のようですね。

ここら辺を危惧する声は割と前から耳に入っていました。

まあ、どうなるのかはなってみないとわからないですけどね。

僕の考えでは、気にしすぎてもよくないのかもなあと考えています。

どちらかというと、デルタfx、マナブ式fx、パラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4と今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートに現れる情報をより正確に読み解くことの方が重要なのかなと考えています。

そういえば、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターなのですが、新しいノウハウというかインジケーターが出るようです。

それは1分足を使うようで精度も上がっているようです。

特にfx初心者さんにとっては、いいニュースなのではないかと思います。

1分足がどうしていいのかというとエントリータイミングを取りやすいからです。

僕も気にはなっているのですが、今の時点ではきっと購入はしないだろうなと思います。

どうしてかというと、エントリータイミングは、他でもう取る練習をしているからです。

そう、マナブ式fxのトリックスと今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのSPやNEOのエントリーサインを併用した方法があるし、デルタfxのエントリーサインもあるからです。

今購入を考えているのは、マーケティングfxというノウハウです。

これは、そろそろ、というか来年から複数の通貨ペアを扱っていこうと考えているからです。

そうはいっても、まだランディングページすら読んでいないんですけどね。

どうしてかというと、このマーケティングfxのランディングページってやたらと長いんです。

早ければ今年の年末か遅くても来年のお正月の間には読みたいなあとは考えています。

マーケティングfxを導入するとなると新しいモニターも必要になるしそれに伴うアクセサリーも必要になってきます。

なので、来年の初めからのんびりと揃えていこうかなと考えています。

どんどん楽しみが膨らんできています。

ドル円相場の方ですが、午後3時くらいから少しずつ安値が切り上がって来ていてもしかしたら、明日の朝には111円台まで戻っているのかもしれません。

まあこれは全くの勘なんですけどね。

来年のネガティブな予想がチラホラ見かけだしてきているので、それをひっくり返すような展開を期待したいですね。

午後3時くらいから動きが出てきているので、もうちょっとはチャートは面白いかなと感じています。

閑散としてくるのは後どのくらいなんでしょうね。

今までのイメージではクリスマスイブ前までが動きがあって、それ以降は全く動かないイメージだったのですが、まだいけそうなので、明日の午後3時が待ち遠しいです。

12月26日水曜日

今日の重要指標や要人発言は、午後1時からの日本の黒田日銀総裁の発言があるくらいなのですが、残念ながら午後3時までは手も足も出せない状態なのでただ見ているだけになってしまうのですが、そこまで為替相場には影響はなかったみたいですね。

そして、午後3時になったので、チャートを開いたのですが、何だかぐちゃぐちゃな感じにチャートがなっていました。

かろうじてデルタfxのチャートはかなり以前と同じ感じだったのですが、その隣の5分足と15分足のマナブ式fxのチャートではレジスタンスラインとサポートラインがめっちゃ集まっていてちゃんとはチャートを見る事が出来ない状態でした。

メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターも同じような感じでとても相場の判断などできる状態ではありませんでした。

別のサブモニターのパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートはそこまで影響があったわけではなかったのですが、さすがにどこまで信用できるものなのかがわからなかったので、しかもこのタイミングなので午後5時くらいのチャンスは様子見をしました。

そうそう、昨夜は1000円越えの日経平均株価の下落がどのニュース番組でも取り上げられていましたが、今日も一時期1万8千円台に突入しましたが、最終的には170円以上のプラスで終わっています。

その影響を受けてか僕がチャートを開いてから少ししてからは上昇していて、110円80銭くらいまで戻すかもしれないなあと予想していますが、もしそこまで行くのならば結構深夜かなとも予想しているのでこりゃ、途中で眠くなっちゃうなあと思います。

時間が経つにつれてマナブ式fxのメインウィンドウのライン達がやっと通常の位置に移動していってくれています。

メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのライン達は未だに下の方に集まっていて全く使い物になりません。

まあこれは仕方がないのかなと思いますが、market wave2は仕事をしているのかどうなのかがかなり微妙です。

今日のmarket wave2のラインはいつもよりもかなり少なめでmainの表示はDN3なのですが、ジワジワ上昇している状況です。

今日悩ましかったのが5分足と15分足のマナブ式fxのトリックス達でした。

平均足はずっと緑で一目均衡表の雲の上をジワジワと上昇していったのですが、今日のトリックスは、特に5分足の方のトリックスはとても読みづらく、先ほど気がついたのですが、曜日が火曜日になっていて、時折5分足と15分足のマナブ式fxのメインウィンドウのライン達が激しく動いたりしています。

何だか午後3時からだと割と時間が経っているのですが、まだ落ち着かない感じですね。

今日はマナブ式fxは怪しいなあ。

デルタfxも今日は2回しかエントリーサインは出ていません。

エントリサインでいうとパラダイムトレーダーfxのエントリーサインも今日は1回しか出ていません。

しかも、今日のパラダイムトレーダーfxのエントリーサインは、かなり遅めに出て、案の定あまり伸びませんでした。

まあこれもいい勉強なんでしょうね。

不思議と1時間足と4時間足の天底チャートmt4のチャートはいつもの同じ感じでmarket wave2も普通に仕事をしてくれています。

いったい何が原因でこんなにダメダメなんでしょうね。

1時間足と4時間足の天底チャートmt4のチャートは何も問題ないのに。

さすがにニューヨーク市場が始まっても動きが緩いですね。

こんな動きだと110円80銭台は無理かもしれません。

というのも、デルタfxのラインが予想到達地点と考えているのですが、この調子だと110円70銭台が限界かなと予想変更です。

デルタfxのラインって2種類あるのですが、どちらも使えるなあと実感しています。

基本的には役割は違うように感じていますが、ラインのありがたみを感じていて、ラインってこんなに大切だったんだなあとも感じています。

このまま上昇していくと予想をしていたのですが、110.699が再開後の最高値でこれは、パラダイムトレーダーfxのカラーゾーンの上限の少し上で、上のカラーゾーンまで少し距離があったのでそこを突破するにはいったん下がらないと上がれないのかな。

ちょうど-1σのあたりでこの下落は止まったようですが、本当にここで止まったのかどうかはまだわかりませんけどね。

デルタfxのデルタEVの色は赤で、これは先ほどの上昇の時から変わっていなくって、そのデルタEVの間隔は先ほどよりは狭まって来ていてそのデルタEVの真ん中よりも上の方で下落のエントリーサインが出ています。

ですが、110.491で反転していてデルタEVが反転ポイントになるかどうかという所ですね。

これで弾かれるようであれば、流れは下落に変わったと判断してもいいのかなと思います。

とはいっても、もう眠くなってきているので、また明日頑張ろうかなという気持ちにもなってきてしまいました。

12月27日木曜日

今日からデルタfx、マナブ式fx、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターとパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートをちゃんと使えるようになりました。

今日の重要指標や要人発言は、午後10時半にアメリカの新規失業保険申請件数の発表があるだけです。

クリスマスが終わってからの指標なのですが、為替相場への影響はどんな感じなんでしょうか?

確か去年はもうこの時期はチャートすらあまり見ていなかったような記憶があります。

今日日本の日経平均株価では、750円位上げて2万円台に戻っています。

昨夜はアメリカでもダウ平均で1000ドル以上上がっています。

1000ドルってもしかしたら、初めて見たかもしれません。

ドル円相場も東京市場が始まる前なのですが、111円40銭付近まで上昇していました。

年末なのに気がつけばエライ乱高下していますね。

ヨーロッパの株価ですが、今の所軒並み下落しています。

僕の考えだと、安全な円に逃れてきて円高になるのかなと考えていたのですが、現実はそんなに単純では無いようです。

多くの方の思惑がチャートに現れているんですね。

しかし、今日は下にブレイクするんじゃないのかなと予想をしているのですが、なかなか思うようにはいかないものですね。

こういった読みが当たってくるともっと為替相場が面白くなると思うんですけどね、今は愚直にデルタfxやパラダイムトレーダーfxのエントリーサインを信じるのみなんです。

ここのところ、あまり触れていなかったs type zigzagなのですが、実は何気に役に立ってくれています。

これもやはりどこまで我慢できるかの目安になります。

ただ僕の場合まだ慣れていないのか、あまり見る所を増やしても注意力が散漫になってしまって逆にちゃんと見ていないんじゃないかなと疑問を抱くようになってきました。

なので、来年早々のモニターをもう一つ増やすプランはペンディングしています。

出来るだけシンプルというのが僕の理想なので、なるべくチェックするものを少なくした方が僕には合っているようです。

ですが今の所の予定ですが、来年早々にマーケティングfxは購入しようかなとは考えています。

どうやら、マーケティングfxはチャートというか画面はふたつあった方が良さそうなので、1時間足と4時間足の天底チャートmt4のチャートは止めようかなと考えています。

そして、上手いこと今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居できないかなと考えています。

上手くいかなかったら思い切って一旦今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターは外してみようかなとも考えています。

market wave2は外しませんけどね。

そういえば、ここ最近market wave2の発動がないように思います。

これはやはり年末で参加プレイヤーが少ないからなのでしょうか。

先ほどからアメリカ時間になっているのですが、今の所流れは円高の方に進んでいるようです。

ですが、明確な方向性はまだ出ていないようで市場も悩みながらゆっくりと下落していっているように見えます。

110円60銭くらいにパラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドの-1σがあるので、そこにはタッチするのかなとは予想しているのですがそこに行きつくまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

今日はs type zigzagのトレンドラインも効いているなあ。

まあ、デルタfxのラインはそれ以上に効いているんですけどね。

気持ちがいいくらいにピタッと止まっています。

パラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートのメインウィンドウのライン達はほとんどがローソク足の上にあってそんなに抵抗になるようなものは少ないのになかなか下がりません。

上がる勢いも長くは続かない感じなのですが、下げる勢いもそこまで強くない感じです。

今やっとマナブ式fxの15分足の方のトリックスが赤色で同色クロスしました。

これで、遅い方のトリックスが下の方を向いてくれると下落の確率がグッと上がるんですけどね。

平均足は、赤色の平均足が連続して出ていて、一目均衡表の雲の下にいます。

5分足の方のマナブ式fxの方のトリックスはいまは遅い方のトリックスが赤色で下方向に向いていて早い方のトリックスは緑色でゆるく上方向を向いています。

平均足の方は一目均衡表の雲の下にいて色的にはめっちゃ微妙な感じです。

ひげが上下同じくらいの長さのものが出ていて実体がめちゃくちゃ小さいです。

ただ一目均衡表の雲の厚さが少し厚いのでそこを突き抜けていくという事は僕的には考えづらいんですが、今揉み合っている感じで、これが落ち着いたら方向感が出るのかなと思います。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのバンドは下に向きだしてきています。

さあ、ニューヨーク市場がオープンしました。

ダウ平均はマイナススタートとなっています。

これで、下方向への勢いが増しそうですね。

昨夜は午前1時くらいから動き出したようですが、今夜もそんな感じなんでしょうね。

僕のイメージだと上昇する時というのはゆっくりと上がっていって、下降する時は逆にササっという感じで下がっていく印象だったのですが、今は逆で下がるときはかなりゆっくりで、上がるときはものすごい勢いで上がっていく印象です。

そっか、この時期だからこそ、こういった動きがあるんですね。

抵抗する勢力も少ないと見た方がいいんですね。

きっと来年の今頃はもう僕も手仕舞っていそうな気がします。

何だかギャンブル臭が強いような気がします。

僕はギャンブルはしたくないのでこういった時は参加はしたくないなあ。

まあ、いいデータはかなりそろってきているので今後はそれが役に立ちそうですけどね。

12月28日金曜日 fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

fxトレード等週間報告ブログ12月第4週も今日が最終日です。

そして、僕の今年最後のfxトレードの日でもあります。

実際には12月31日が月曜日なのでその日も為替相場はオープンしているようですが、多分僕はチャートは開かないんじゃないかなと思います。

来年もお正月三が日だけでなく、その週はチャートは見ないんじゃないかなと思います。

来年は1月7日月曜日からfxトレード等週間報告ブログを始めようかなと考えています。

ブログもそうですけれど、fxも続けるという事がとても大事というか重要なんだなと感じています。

僕自体まだまだfx初心者とあまり変わりがないんでしょうけれど、続けることによって少しずつですが、為替というものが理解出来てきたかなと思います。

一言に為替といっても政治や経済とも関係があるし、規則性みたいなものもあってそれぞれを分析していかないと安定性は望めないんだろうなあと思うようになりました。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析ですね。

僕はどちらも上手だとは思っていませんので、情報とノウハウやインジケーターに頼ってばかりなのですが、それでも続ける事によってリテラシーは上がってきたんじゃないかなと感じています。

こういった関係を理解していくと相場の流れの中でそれらの関係性が垣間見られたりすることがありますので、どんなに優れたというか評価の高いノウハウやインジケーターをもってしても100パーセントというものは存在せず、知識と経験を基にした相場観というものを高めていかなければノウハウやインジケーターを使いこなすことはできないんだろうなあとますます思うようになりました。

それに加えてマインドの重要性を改めて認識する事が出来たのももしかしたら、このブログ、fxトレード等週間報告ブログを再開したからではないのかなと思います。

今年一番の出来事は、やはりこのブログ、fxトレード等週間報告ブログ12月第4週を再開できたことなのですが、それと僅差でデルタfxを購入した事だったなあと思います。

デルタfxの存在は実はかなり前から知ってはいたのですが、なかなか購入までには至りませんでした。

どうしてかというと、その地盤が出来ていなかったからなんじゃないかなと思います。

マナブ式fx、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターやパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のノウハウと有料、無料のインジケーターを使いこなせていなかったなあと思います。

まあ今でも使いこなせているのかというと疑問なところはありますが、負けがずいぶんと減って来ていて、逆に勝ちが増えてきているという結果を見ると少しは使いこなせてきているのかなと思います。

そう思えるようになってきたのはやはりデルタfxを購入したのが大きかったんじゃないだろうかと思います。

僕の場合、うまい具合に役割を各チャートに分散できたと思います。

それで段々と気持ち的にも余裕が出てきたんじゃないかなと思います。

これでやっと、来年からは複数の通貨ペアを扱えるようになってきたんじゃないかなと思います。

今日の重要指標や要人発言はありません。

いよいよお休みムードになってきているのではないかと思います。

現在午後10時半くらいなのですが、僕的には今日はもういいかなと思えてきているのですが、時間があったので、メールをチェックしていたのですがそのメールの一つに正太郎さんというトレーダーの方のメルマガがあって、読んでいたらいいかもしれないと思える情報がありました。

僕がマーケティングfxを知ったのもこの方のメルマガからでした。

またこの方は、元fxコーチによるFX情報商材検証ブログというブログを運営されていて、無料のインジケーターでも結構使えるものを多数紹介しています。

そして、新しく15種類ほど無料のインジケーターを紹介されていました。

勿論チェックしました。

そして、123PatternsV6というインジケーターが気になりダウンロードしました。

これはどういったインジケーターなのかというと、名前の通り123パターンをシグナル化したインジケーターだそうです。

これはmarket wave2と組み合わせたらもしかしたらもっと楽に第3波のサインを掴めるんじゃないのかなと淡い期待を抱いてしまいました。

早速メインモニターの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートに入れてみました。

実際に試してみるのは来年の1月7日以降になるのですが、来年の楽しみがひとつ増えました。

これがなかなか優れもののようです。

自動で直近の高値安値を認識してくれて、パターンが成立したらシグナルが出てくれるのだそうです。

直近の高値安値を認識してくれたらラインを描いてくれます。

リペイントはしないものの、シグナルはワンテンポ遅れてしまうのが玉に瑕なんだそうな。

直近の高値安値でラインが出るのであれば、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのストップはいらないのかなと思い外しました。

ストップの機能自体には何も不満はなかったのですが、メインウィンドウの右の上に表示させている残り時間やプライスを表示させている所に矢印が表示され、それは消す事が出来なかったのでそれが気になっていました。

まあ細かいことなのでずっとほったらかしというか、ほとんど見ていなかったのですがいい機会なので外してみました。

123PatternsV6のデフォルトではターゲットは非表示なのですが、表示させています。

それと、サインやラインはターゲット以外は全て白で表示させています。

来年は今年以上にfxが楽しくなりそうなので今からワクワクしています。

どうぞよいお年をお過ごしください。

関連記事

  1. fxトレード等週間報告ブログ11月第5週

    fxトレード等週間報告ブログ11月第5週

  2. fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

    fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

  3. fxトレード等週間報告ブログ1月第3週

    fxトレード等週間報告ブログ1月第3週

  4. fxトレード等週間報告ブログ12月第1週

    fxトレード等週間報告ブログ12月第1週

  5. fxトレード等週間報告ブログ11月第3週

    fxトレード等週間報告ブログ11月第3週

  6. fxトレード等週間報告ブログ2月第3週

    fxトレード等週間報告ブログ2月第3週

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。