fxトレード等週間報告ブログ

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週

この記事を読むのに必要な時間は約 42 分です。

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週 まえがき

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週が始まりました。

今回のfxトレード等週間報告ブログ2月第5週のまえがきは先週と先々週のfxトレード等週間報告ブログで導入して試してみた無料インジケーターをもう一度ピックアップしてみようと思います。

fxトレード等週間報告ブログ2月第3週とfxトレード等週間報告ブログ2月第4週で入れてみた無料インジケーターは確か12個だったのですが、少しの間だったのですが僕のスタイルには合わないのかなと感じてしまって外した無料インジケーターは合計9個です。

時間的に多くの時間を費やしてしまったような気もしますが、とてもいい勉強になったと思います。

まず感じたことは、無料インジケーターはあくまでもサポートでしかないという事。

第一に考えるべきことは自分の判断の精度を上げる事だなと確信しました。

FXは自己責任でやるべき事だという事は理解しているつもりなのですが、まだまだ経験不足だからだと思うのですが、完全にはまだ自分の判断に自信がない現れがこうやって無性にインジケーターを漁ってしまっているんでしょうね。

そしてたまに無料インジケーターでも有料級の使えると思えるものに当たってしまうとついつい頼ってしまいます。

これが自分の相場の判断を鈍くさせてしまうのかなと考えるようになりました。

自分を鍛えるために使うのであれば例え無料インジケーターであろうとも使うべきだと思うのですが、無料インジケーターはサブのサブだと考えた方がいいなあと思いました。

正確にはサブのサブのサブかなと思います。

メイン

メインは自分の相場観、サブは優良もしくは自分に合っていると感じれるノウハウ、サブのサブは有料インジケーター、サブのサブのサブが無料インジケーターなんじゃないかなと順位付けを僕はすることにしました。

僕の最終的な目標は自動売買でEA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれるものの導入なのですが、それを導入するためにもある程度の知識と経験が無ければEAの良し悪しやどう修正すればいいのか等の判断がレベルの低いものになってしまうと考えています。

理解出来ているからどういったものがいいのかなどの判断もできるだろうし、今こうやって時間があれば無料インジケーターを探すことで検索能力も少しは上がるだろうし、検索するワードに近い感じのもの、どういうワードが的確なのかも段々わかってきて精度が増すだろうし知識も増すと思います。

それを基に試しに使ってみる事によって経験値も上がってくるだろうから自ずと相場の判断もより精度が増すだろうなあと考えています。

この2週間は特に勉強になったし、以前よりも焦らなくなったんじゃないかなと思います。

サブに挙げている優良もしくは自分に合っていると感じれるノウハウですが、自分に合っているかどうかわかるのは購入してある程度の期間を要しないとわからないと思うので、優良かどうかを判断するしかないと思います。

これはぶっちゃけギャンブルに近いのかなあとも感じているのですが、ここでものをいうのは検索能力だと思います。

本当に欲しい情報を手に入れる事が出来るかどうかはこれに尽きると考えていて、まず考えられるのが検索ワードの選定かなと思います。

どうしても人気とか購入などといったワードでは売りの意識の強いサイトばかりを見てしまう事になるんじゃないのかなと思います。

売りの意識が全くないサイトもどうかと思いますが、出来れば自分で使ってみてよかったから等といった感じのサイトに行きつけばラッキーかなと思います。

なかなかそういったサイトに巡り合えないのも現実かなとも思いますし、そんな感じのサイトに僕自身ほんの幾つかくらいしか巡り合えていないので、じゃあ僕が自分のトレード日誌も兼ねてブログを書いていこうと思ったんですけどね。

だからこのブログで書いているから絶対いいとかそういうものでもないし、人それぞれのスタイルがあるだろうから、いろいろ吟味する材料の一つになってくれればうれしいなあとも思っています。

その中でもうずっと愛用しているノウハウやインジケーターが、マナブ式fx完全マスタープログラムで、特にトリックスが素晴らしいと感じています。

無料のTHVも試してみたのですが、他のTHVのノウハウも試した結果、僕的にしっくりくるのがマナブ式fxでした。

微妙に数値が違うようです。

最近購入したものですでに信頼しているのがデルタfxで、使い方というか相場観を重要視するのであればめっちゃ使えると感じています。

また、FXをこれからやろうかなとかもう始めているけれどmt4に初めから入っているインジケーターだけじゃあわからないというfx初心者さんであればその後も使えるんじゃないかなと感じている今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターはいいんじゃないかなと思います。

慣れてきたら天底チャートmt4もいいんじゃないかなと思います。

サブのサブ

サブのサブは有料インジケーターで、常に使えるというわけでは無いとは思いますが、僕の場合今の所かなり重宝しているのがMarket Wave2で、これはダウ理論の計算をしてくれるインジケーターで目標値を算出してくれます。

この目標値にどのくらいで行くのかを知るには相場観を養わないとわからないんじゃないかなと思います。

すぐ行く場合もあるし、かなり時間を要する場合もあります。

あると便利ですが、それだけを見ているというような使い方はお勧めしません。

使用頻度でいったら驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのフィボットかな。

そこまで気にする必要もないとは思いますが、デルタfxのデルタラインって少しだけタイムラグがあるように思う時があります。

それを補ってくれているのが、驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのフィボットなのです。

実はマナブ式fxにも近い感じでフィボを表示してくれているのですが、僕はモニターの関係でめっちゃ小さくしかマナブ式fxを表示できないので見逃すのが怖くて驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのフィボットを見ているのです。

これとhard-levels-indicator(無料インジケーター)との組み合わせは正解だったなあと感じています。

そうはいってもデルタfxのデルタラインやデルタEVってめちゃくちゃ効いていると感じているんですけどね。

サブのサブのサブ

12個入れた無料インジケーターは、Nice Value Chart、First RSI、Heijden MAC3D arrows、price-patterns、ProbMeter v1.1、Price Action ioi、Miraiyosoku Navi、trendline、A Nrp SuperTrend Candles_mtf+alerts 2.01 – Text、GRaB Candles Long&Short&Range、TMA+CG mladen2、Dadas_True_Trend_Indi_v3.1です。

その内現在使用しているのはHeijden MAC3D arrows、price-patternsとDadas_True_Trend_Indi_v3.1です。

Heijden MAC3D arrowsは見た目はパッと見、別物っぽくなっています。

デフォルトではローソク足では無くてラインなのですが僕はローソク足にしています。

デメリットは、ひげが描画されないというか色がバックと同じ色なので毎回色の設定をしなくてはいけないことくらいです。

それと、BrainTrend2のアラートの出方が少し気になったのでAdd Alert and SendMailも併用してみて、こちらの方が早く出るようなのでこちらにしたついでにHeijden MAC3D arrowsのエントリーサインもアラート出来るんじゃないかなと思いやってみたら、バックは白に戻るはアラートは鳴りまくるはで意味がありませんでした。

price-patternsは、BullとBearの色を覚えておくと少し使いやすくなるんじゃないかなと思います。

他のインジケーターも参考にしないとこれだけでは今後どうなるかの相場の判断は難しいんじゃないかなと思います。

例えBullとBearの色を覚えておいてもそれだけでは大きく動くか小さくしか動かないかはわからないと思うのでローソク足の位置やその他のノウハウやインジケーターをチェックしないと怖いと思います。

まあ、パターンの勉強様ですね。

Dadas_True_Trend_Indi_v3.1は、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させている無料インジケーターですが、トレンドを判断する使い方というよりもレンジかどうかを判断する使い方の方がいいんじゃないかなと感じています。

レンジを教えてくれるカーキ色のラインが結構いいなあという印象を持っていますが、やはり無料インジケーターなので過度な信頼は禁物とは思いますが、もしかして的なきっかけになり得るので他のノウハウやインジケーターを見る癖がつくと思うので取り敢えず入れておこうと考えています。

fxトレード等週間報告ブログ2月第3週に入れた無料インジケーターは、

・Nice Value Chart
・First RSI
・Heijden MAC3D arrows

です。

fxトレード等週間報告ブログ2月第4週に入れた無料インジケーターは、

・price-patterns
・ProbMeter v1.1
・Price Action ioi
・Miraiyosoku Navi
・trendline
・A Nrp SuperTrend Candles_mtf+alerts 2.01 – Text
・GRaB Candles Long&Short&Range
・TMA+CG mladen2
・Dadas_True_Trend_Indi_v3.1

です。

メインは相場観、これが目的でサブやサブサブ、更にサブサブサブは手段という風に捉えていてもいいんじゃないかなと思います。

どのくらい目標達成できているかの、もしくは相場の判断の精度の高さのバロメーターとして結果があるんじゃないかなと思います。

2月25日月曜日 fxトレード等週間報告ブログ2月第5週

今日の重要指標や要人発言は、午前6時45にニュージーランドの第4四半期小売売上高の発表があり、それから夕方までは気になる指標や要人発言の予定はなく午後7時にイギリスのカーニーBOE総裁の発言があります。

今日の重要指標や要人発言はこれ位ですが、日付が変わって午前1時からアメリカのクラリダFRB副議長の発言があるので明日チャートを開くのが楽しみなのですが、まずは今日からですね。

今日は更に五十日でもあります。

通常だと方向は上だと思うのですが、今週の始まりは窓開けも無く始まったのであまり大きくは動く事は無いかなと思ったし、これは月曜日だし東京市場が開いている時は様子見で始めるとしてもヨーロッパが始まってからかなと考えました。

それまで時間がチョコチョコあったので、チャートの見直しをしていました。

fxトレード等週間報告ブログ2月第5週のまえがきで一番重要なのは自分自身の相場観、相場の判断の精度を上げる事で、有料のノウハウやインジケーターはあくまでもサブやサブサブ、無料インジケーターはサブサブサブでそれらを上手に使いこなせるようになる事がメインの相場観を養っていく事、相場の判断の精度を上げる事に繋がる等と書いたのですが、無料インジケーターの事を書いているうちに一番ずっと使っている無料インジケーターって何だろうと考えました。

これは、どのチャートにも入れている為替和尚さんのKawaseOsyo MarketOverLapという時間を表示してくれるインジケーターでした。

これも無料とは思えないほどかなり使えるインジケーターじゃないかなと思います。

東京時間とロンドン時間、ニューヨーク時間がパッと見でわかりやすく、仲値の時間やその他の重要とされる時間もわかりやすいです。

まあこれは見直しとは関係のないことなのですが、かなり役に立っています。

見直してみて修正するところはほとんどなかったのですが、1か所だけちょこっと変えました。

それは何かというと、3 Level ZZ semaforKJです。

3 Level ZZ semaforKJとは、ジグザグのような感じで1から3までのナンバリングをしてくれるインジケーターで、3でフィニッシュというような感じです。

3 Level ZZ semaforKJは幾つものバージョンが出ていて、僕がメインで使っているバージョンは1から3までの数字の表示が同じ大きさで数字のギャップを任意の数値に変更できるバージョンです。

ギャップと書いてしまうとわかりづらいかもしれないのですが、要はローソク足と数字の間の間隔を好きに調整できるという機能がついているのです。

3 Level ZZ semaforKJのオリジナルはこの距離が狭いと感じていて、何かいい感じのものはないかなと探してみたら偶然ですが見つかってそのままずっと使い続けているのです。

で、バージョン違いをマナブ式fxの15分足の方だけ、3 Level ZZ semaforNRP+Alertというバージョンにしました。

このNRPって何だろうと思ったら、NoRePaintの略だそうで、ホントかなあと思って様子見をしていたら、しっかりリペイントしました。

まあこれは愛嬌ってやつですね。

でもアラートはしっかりと機能してくれています。

これによって、15分足のマナブ式fxがより重要になってきました。

これで、マナブ式fxのフィボも気を付けてみておけばチャンスがまた広がるなあと思います。

3 Level ZZ semaforNRP+Alertはデフォルトがオリジナルの3 Level ZZ semaforKJとは若干異なっています。

パラメーターの入力の所はアラートの設定が出来るようになっていて、僕はレベル2とレベル3のアラートをポップアップと音で教えてくれるようにしています。

また、色の設定も0はChocolate、1はMediumVioletRed、2と3はYellow4と5はChartreuseにしています。

これで、他の通貨ペアをやるようになっても何かしらのアラートが鳴るようになると思うので一石二鳥なんじゃないかなと思いました。

更に隣のチャートがデルタfxなので、これって結構強力な組み合わせなんじゃないかなとも思いました。

マナブ式fxのトリックスを見ながらデルタfxでエントリーすればかなり確率が上がるんじゃないかなとも思いますし、逆にトリックスがバラバラだったりする時に出たデルタサインは無視してもいいんじゃないかなとも思いました。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターもHeijden MAC3D arrowsとDadas_True_Trend_Indi_v3.1を組み合わせたことで何だか強力になった感じがするので今の所いい感じなのかなと感じています。

今日は基本様子見だったのですが、ちょこっとだけエントリーしてみました。

他の事をしながらだったので、エントリータイミングを少し逃した感じの所でのエントリーだったので少しだけプラスしてすぐにイグジットしましたが、もう少し腰を据えてチャートを見る事が出来たのであれば更に上乗せは可能だったんじゃないかなあとも思いましたが、タラレバの世界なのでやめときます。

その理由だけ書いておこうと思いますが、マナブ式fxの1時間足と4時間足のトリックスがそれを示していたからです。

時間確保もこれからの課題だなあと思いました。

大きい足のマナブ式fxにしてからまだ時間が経っていなかったので不安な部分も出てしまったのかなあと反省しました。

2月26日火曜日

今日の重要指標や要人発言は、午後7時にイギリスのカーニーBOE総裁の発言があって、午後10時半にアメリカの住宅着工件数と建設許可件数の発表があります。

もしかしたら、同じ時刻にアメリカのパウエルFRB議長の議会証言の原稿を公開するかもしれないとの事。

もし公開されれば大きく動くかもしれません。

日付が変わって午前0時には同じくアメリカの消費者信頼感指数の発表もありますが、注目はパウエルFRB議長の議会証言が同時刻に発表されるので、もし午後10時半からパウエルFRB議長の議会証言の原稿の公開が無ければこちらで大きく動くかもしれません。

どちらにしても動くかもしれませんね。

今日は朝から大きな動きがありました。

それは仲値付近から下方向に動き出して前場が終わるくらいまで続きました。

最初111円台をキープするのかなと考えていましたが、なんのなんの結構大きく動きました。

30銭くらい動いていますね。

その後はあまり動きも無く、110円90銭台も今の所回復してはいません。

ヨーロッパ時間になってもこの動きはあまり変わらずかなりメンタル的につらい感じが続いています。

時間があったので、昨日試しに入れてみた3 Level ZZ semaforNRP+Alertが案外面白かったのでデルタfxのチャートにも入れてみました。

まだどのくらい信頼できるものなのかはわからないのですが、もしかしたら、3 Level ZZ semaforKJよりも面白いかもしれないなあと考えています。

基本的な仕様は変わらないと思いますが、3 Level ZZ semaforKJの3のマークの代わりに丸いギザギザのマークが印象的だなと思うのですが、果たしてどのくらいの精度なのか楽しみでもあります。

15分足のマナブ式fxのチャートを見ると、111.224でこのマークが出ていて、午前中あんなに動いたと思ったのですが、まだ下にはそのマークは出ていないのでこれで110円90銭台に到達する事が出来なければ、やはり下に向かっていくのかなと思います。

もうすぐ午後9時になろうとしていますが、15分足のマナブ式fxのトリックスは遅い方はゆっくりと下を向きだしていて色も赤色に変わっていますが角度的にいつでもまた緑色になってもおかしくはない感じの角度ではあります。

早い方のトリックスもすでに赤色の同色でクロスしていて0ライン付近にいますがこちらも角度的に言えばいつ色が変わってもおかしくはない感じです。

5分足の方のマナブ式fxのトリックスはどうかというと0ラインを中心にして遅い方と早い方が交差を繰り返しながら蛇行している感じです。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに同居させているDadas_True_Trend_Indi_v3.1は案外使えるのかもしれないなあと思うようになってきました。

ストップラインとかはいい感じで機能してくれているように感じます。

Heijden MAC3D arrowsも見慣れてきたのかそチャートの状況がわかりやすくなったなあと感じだしてきていて相場の判断の精度を上げる事に一役買ってくれそうな気がしています。

これでアラートが鬼のように鳴らなければ本当にいいんですけどね。

昨日から3 Level ZZ semaforNRP+Alertをマナブ式fxの15分足のチャートに入れて、今日からデルタfxのチャートにも入れて様子を見ているのですが、これってもしかしたら、3 Level ZZ semaforKJよりも使えるかもしれないなあともう既に感じ始めています。

僕は今日は何茶館茶で結局は下に行くんじゃないかなと予想しているのですが、なかなか110円60銭台は遠いですね。

やっぱり行くとしても指標の力を借りないと行きそうもありません。

あと5分で午後10時半なのですが、やっと15分足のマナブ式fxのトリックスの早い方のラインが0ラインを割ってきました。パラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートのサブウィンドウのストキャスティクスもやっと下の方に流れが出てきました。

まだまだ50のラインまで距離があるので何とも言えない感じなのですが、まずは110円80銭を超えて70銭台に突入しないと話になりませんね。

110.806にhard-levels-indicatorのラインがあって、110.794辺りに驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのmaがあります。

そんな心配をしているうちに午後10時半になりました。

どれに反応したのかわかりませんが、一気にこれらのラインを超えていきました。

思ったほどファーストインパクトは強くなかったのですが、遂に5分足の直近の丸いギザギザのマークの110.742を超えていきました。

現在の丸いギザギザのマークの値は110.727です。

もう少しで遂に110円60銭台なのですが、もしかしたら、ここで反発されるかもしれません。

というのも、ここら辺にパラダイムトレーダーfxのボリンジャーバンドの-1σがありそこで反発した感じです。

もう少し様子を見てみないとわかりませんが、僕はここら辺でイグジットします。

パラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートのサブウィンドウのストキャスティクスのラインは50のラインを超えて、パラダイムトレーダーfxのエントリーサインも出ていて、デルタfxのエントリーサインも出ています。

まあこれは指標の発表かパウエルFRB議長の議会証言の原稿の公開での下降に反応したものだと思うので何処まで信用していいものか迷いどころではあると思いますが、もしかしたら、これからはじわじわと下降していく可能性も否めませんね。

15分足の方のマナブ式fxのトリックスを見るとまだまだ下に行きそうなんですが、110.691に驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのフィボットがあるので、どうかなと思っていたらあっさりと超えて、そのすぐ下にあるPivot Autoのウィークリーピボットがあるのですが、これはどうなのかな?

まあ僕はもうイグジットしてしまったので気楽に見ていられるんですけどね。

おお超えました。

天底チャートmt4を見るとどうやらここ辺までのようです。

もしかしたら、深夜には110円60銭台も超えていくのかもしれませんね。

段々狙いどころの精度が上がってきたように思います。

fxトレード等週間報告ブログを書きながらだと集中できなくってちょっときついなあ。

2月27日水曜日

本日の重要指標の発表や要人の発言の予定は、午後10時半にカナダの消費者物価指数の発表があるくらいで、ドル円相場にそれほど影響があるとは僕的に考えていませんが、日付が変わってすぐの午前0時にアメリカのパウエルFRB議長の議会証言が予定されていてこれでもしかしたら、今までの事を考えると109円台に突入してしまう可能性があるんじゃないのかなと思っています。

まあ、逆の可能性も十分にあると思うし、なんといっても今トランプ大統領と金正恩氏の会談明けで大きく相場の流れは変わってしまうんじゃないのかなとも考えています。

流れに乗っていくというトレンドフォローの意識がしっかりとあって変な欲を出さなければどちらに動こうともそこまで大きなストレスを感じる事は無いと思います。

今朝チャートを開けていつものようにチャートをチェックしていたら、ふとちょっとした閃きがありました。

それは、デルタfxのチャートをチェックしている時で、いつものようにデルタラインの位置を確認している時の事、最近はそこまで重要性を感じる事が薄くなってきていたMTP MA Angle Alertのラインに目が留まりました。

これをちょっといじってみたらどうかなというものでした。

これが大正解でした。

MTP MA Angle Alertの重要性を再確認できたと共に更にエントリータイミングを掴むのに更にめっちゃ役に立ってくれそうになったのです。

これは美味しいなあと思いました。

今までパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4というノウハウやインジケーターの組み合わせが予想以上のいい感じだったのですが、それと同じくらい、もしかしたら、それ以上のいい感じになってくれたかもしれません。

今朝の出来事なので、今の所という感じなのですが、どちらの方向のエントリーサインを重要視すればいいのかがわかりやすくなった気がします。

ただこれは、先日入れた3 Level ZZ semaforNRP+Alertも一緒に見ていかないとまだ不安なのですが、これらのインジケーターを見る事によってまた相場の判断の精度を上げる事に成功したんじゃないかなと一人で喜んでしまいました。

これはかなり面白いんじゃないかなと大きな期待を抱いています。

これでデルタfxを使って今マンデイ上の成果を上げる事が出来るんじゃないかなとワクワクしています。

それくらい今朝の閃きはインパクトが大きかったのです。

MTP MA Angle Alertは有料インジケーターなのですが、これで4320円だったらアリだったんじゃないかなと思いました。

⇒ 移動平均線(MA)の角度によって色分け表示。アラートやメール通知、WAV再生にも対応。擬似MTF 対応[MTP_MA_Angle_Alert] 

もっといろいろな使い方もあるんでしょうが、僕は今の所この使い方だけで十分だなと考えています。

何だかやっとハマった感じがしてとても嬉しいです。

そして昨日の反省をもとにして対応策を考えてみたのですが、取り敢えず今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに入れているDadas_True_Trend_Indi_v3.1をデルタfxのチャートに移しました。

デルタfxのデルタEVだけでもいいのかなとも考えたのですが、もう少し細かくストップラインを移動させていきたいと考えたのでこんな感じにしてみました。

どうしても我慢できずにイグジットしてしまったのは目安がわかりづらかったからなんですよね。

それとストップラインを切り上げていく練習がまだまだ出来ていない。

早く利確したいという気持ちが勝ってしまって冷静な判断が出来ていませんでした。

これってコツコツドカンの典型的なパターンだなあと深く反省しました。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに入れたままでも見れることは切れたのですが、Heijden MAC3D arrowsの描画が邪魔をしてしまって見づらかったのです。

BrainTrend2もデルタfxのチャートにも入れました。

こちらは相性が微妙なので今の所今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターにも入れています。

問題なさそうであれば、こちらは外そうと考えています。

ふと思ったのですが、もしかしたら、このモニターに入れているデルタfxと5分足と15分足のマナブ式fxのチャートだけで十分行けそうな気もしてきました。

それとBrainTrend2のエントリーサインですが、これからは僕はエントリーサインとしてというよりも勢いがあるという風に見ようかなと考えるようになりました。

まあ実際の所まだ僕の能力ではパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートも無いとまだまだ不安があるんですけどね。

昨夜から体調が思わしくなく今日は様子見をしているだけなのですが、そんなことをやっていると今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させているMarket Wave2の下方向へのサインも出ました。

何だか久しぶりの感じがするのですが、今回のはとても見づらいです。

どうしてかというと、近いところ2か所でサインが出ていて算出された数値が被っているのです。

算出された数値は、110.121と110.117、109.816と109.807、109.308と109.284のようです。

デルタfxのチャートの見方がより多くの場面でも通用するのであればチャンスはこれからも何度でもやってくるだろうから今回は割と気楽に様子見をする事が出来ます。

こうなってくると、何だか今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターとMarket Wave2のの組み合わせのチャートはMarket Wave2をデルタfxのチャートに移せばいらないんじゃないかなとも考えたのですが、よく考えたらこれからは複数の通貨ペアを扱う事を予定しているので、もしそうしたのであれば通貨ペアを切り替える度にMarket Wave2が計算を始めるのであまり効率的ではないなあと考えてこのままにしておこうと考えました。

少し元気になってきたので、デルタfxのチャートのローソク足がMTP MA Angle AlertのMAラインの所まで戻ってきたらチャンスを伺おうかなと考えています。

現在MTP MA Angle AlertのMAラインは110円40銭の後半くらいの所にいてもしこのままの形でこのMAラインが時間がかかっても下がってきたとしてもまだ110円40銭台前半くらいにあるだろうから、その時にいい感じでマナブ式fxのトリックスが下の方に向いていて前回と同じような感じの時にデルタfxのエントリーサインがでたら109円台を狙っていきそうなので十分美味しいかなと考えていますが、どうなる事やらっていう感じですね。

2月28日木曜日

昨日はあのまま上に向かっていったんですね。

111.062をつけています。

本日の重要指標と要人発言の予定は、午後10時にアメリカのクラリダFRB副議長の発言がありますが、午後10時半からの同じくアメリカの第4四半期GDPと個人消費の発表の方が大きな注目を集めそうです。

同じ時間で同じくアメリカの新規失業保険申請件数の発表もあります。

今日はベトナムのハノイで米朝首脳会談の二日目が行われどうやら共同声明の発表には至らなかったようです。

これにより今夜の指標の結果次第では大きく円高方向に傾く可能性が高まったのではないかと僕は考えています。

昨日よりも今日の方が体調は良くなってきたので、チャートを見る時間もあったのでチョコチョコと米朝首脳会談の時間帯の時はチャートを見ていたのですが、それなりに動いたのですがナイアガラという感じではありませんでした。

そうやってチャートを見ていると、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させているprice-patternsの表示がとても気になってしまって、ついつい意識してしまっていたので思い切って外しました。

正確なローソク足のパターンを認識してくれてそれをできるだけ素早く表示してくれるのであればよかったのですが、さすがに無料インジケーターでそこまで求めてしまうのはちょっと無理があるようです。

取り敢えず、表示されてからその後に消えるのは勘弁してほしいです。

それと、BrainTrend2はデルタfxのチャートのだけにして、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに入れている方は外しました。

昨日からデルタfxのチャートととマナブ式fxのチャートのモニターがとても気に入っているのですが、今日はその気持ちが更に強まりました。

昨日はマナブ式fxは15分足だけでもいいのかなあと思っていたのですが、やはり5分足もあった方が僕的にはいいみたいです。

見慣れているという事もあるのでしょうが、何処で入ればいいのかを知るにはマナブ式fxの5分足の方のトリックスも必要だなと感じました。

デルタfxのデルタラインやデルタサインは当然重要なのですが、デルタfxのチャートに入れている3 Level ZZ semaforNRP+Alertの丸くてギザギザなマークが最後に表示されているのは上か下かという事も大事だなと思いますし、それにMTP MA Angle Alertの36MAも大事です。

これらの状況を確認してから、15分足の方のマナブ式fxのトリックスの状況やその上の平均足や3 Level ZZ semaforNRP+Alertの丸くてギザギザなマーク等も確認すれば、狙いどころが何処なのかが段々わかってきたように感じています。

何だか少しずつだとは思いますが、焦ってエントリーしないようになってきているのではないかと感じています。

15分足の方のマナブ式fxと5分足のデルタfxの3 Level ZZ semaforNRP+Alertの丸くてギザギザなマークは、僕にとってかなり重要なポイントだと思えるようになってきました。

そして入りどころを探すのに便利なのが5分足の方のマナブ式fxのトリックスなんですよね。

勿論エントリーは基本デルタサインが出てからなんですが、デルタサインって流れは関係なしで条件を満たせば出るように感じていて、僕の場合、何処でイグジットすればいいのかがまだはっきりとしていないのでちょっと怖いんですよね。

頑張らなくていい所で欲が出てしまって無理をして我慢してそれが仇になってしまったり、その逆でここは我慢するところというような場面でこちらも欲が出てしまって早々にイグジットしてしまったりと満足のいくトレードがまだ確立されていないので、まずはどちらかに絞ってやってみようと考えていて、僕が考えたのは流れに乗る事だったのです。

それで今の所出た結論が、15分足だったのです。

流れは15分足を見て決める。

何処で入るかは5分足で決めるという風に僕のルールを決めました。

なのでメインで見るのはデルタfxとマナブ式fxのモニターで他のはサブ、出来ればメインの真横にパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートのモニターを持ってきたいのですが、それは新しいパソコンが来るまで我慢です。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのモニターはもういらないかというとそうでは無くてダウ理論用として機能してくれているのでやはり必要だなと考えています。

今日も2時過ぎに下方向にサインが出ています。

算出された数値は、110.756、110.658、110.500です。

なかなか三つ目の数字の所までは行かないなあと感じているので、マナブ式fxのトリックスを見ながらなのですが、今日も110.658付近でイグジットしました。

ただエントリーをするタイミングが遅れてしまってあまりおいしくはなかったんですけどね。

ちょっとずついい感じになってきているなあとは感じているのであとは経験だなと考えています。

基本指標の発表の時は様子見なのですが、いけそうであれば少し冒険をしてみようかなと考えています。

なのでちょっとワクワクしています。

デルタfxのチャートで緑色の丸くてギザギザなマークがとてもいい目印になってくれています。

右端がマナブ式fxの15分足なのですが、トリックスが両方とも上を向いている時は、デルタサインやパラダイムトレーダーfxのエントリーサインが出ても無視するようにしました。

マナブ式fxの15分足のメインウィンドウでまだ緑色の丸くてギザギザなマークが下で出ていないのでいずれ下に向かうのかなと予想しています。

3月1日金曜日

今回の記事タイトルはfxトレード等週間報告ブログ2月第5週としているのですが、今日だけはfxトレード等週間報告ブログ3月第1週なのです。

しかも先月と同じで今日は金曜日なので今日だけがfxトレード等週間報告ブログ3月第1週で、来週はfxトレード等週間報告ブログ3月第2週になります。

昨日は下目線だったのですが、指標の発表がよかったのか円安方向にふれて、一気に上昇していった感じです。

その流れは今日も継続していて、パラダイムトレーダーfxのカレンシーパワーは何だか振り切っている感じでした。

僕は午前中はエントリーする事が出来なくって、仲値前に今日一発目のデルタfxの上方向のエントリーサインが出ていたのですが、これには乗れなくって、午後2時過ぎの上方向のエントリーサインに何とか乗る事が出来ました。

こういった流れの時って、前にも何度か書いたと思うのですが、マナブ式fxのトリックスをチェックするだけでは相場の判断は正確には出来ないなあと今回も感じました。

反応が良すぎるんだと思います。

なのでかえってわからなくなってしまうのかなと思います。

ですが、こういった時に入れていてよかったなあと思うのが、デルタfxのチャートに入れているMTP MA Angle Alertの36MAなのです。

色が勢いがあるという事を教えてくれるのでとても心強いのです。

それにパラダイムトレーダーfxと天底チャートmt4のチャートのメインウィンドウの天底チャートmt4のラインもかなり心強かったです。

サブウィンドウのストキャスティクスは仲値以降はずっと上の方にいて相場の判断にはちょっと使えない状態かなとも感じましたが、それだけ勢いがあるという事だったのかなと思います。

またこういう時って、ダウ理論のMarket Wave2は反応しなくって今日はあまり今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターは見ていませんでしたが、UW Ha Smoothedは綺麗な反応をしていたのではないかと思いますし、トレンドバーもいい反応をしてくれたと思います。

どちらかというと今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターと同居させているHeijden MAC3D arrowsの方がわかりやすかったのかなと思いました。

無料インジケーターでこれは美味しいなとも思いました。

111.972が今の所の最高値なのですが、112円の壁は超えることが今の所出来ていなくって、112.002に驚異の5分足逆張りスキャルピング最強インジ7点セットのフィボットのレジスタンスの3のラインがあって、また15分足の方のマナブ式fxのメインウィンドウのピボットを見ると、同じようなところでレジスタンス3があり、これは一瞬112円にタッチしてからの下降なのかなと考えて待ち構えていたのですが、その前に下降しだして、111円86銭辺りでデルタfxの下方向のエントリーサインが出ました。

今日の指標次第ではこれはちょっと面白いのかなあとも考えています。

本日の重要指標や要人発言なのですが、午前10時15分にアメリカのパウエルFRB議長の発言があって、午後6時半にイギリスの製造業PMIの発表、午後10時半からカナダのGDPの発表とアメリカの個人所得と個人支出の発表があります。

また日付が変わって午前0時から同じくアメリカのISM製造業景況指数の発表もあります。

結果次第という事もありますが、先ほどのデルタfxのエントリーサインでエントリーしているので、これは面白いなあと感じています。

本来であれば指標発表の時は様子見をしているのですが、今回はこのままポジションを取ったままにしてみようかなと考えています。

しかもできればこのまま来週まで持ち越してみようかなとも考えているので、来週が楽しみになってきました。

しかもこれから本格的にニューヨーク勢が入ってくると思うのでどう動くのか勉強させてもらおうと考えています。

撃沈の可能性もあるのですが、マイナスを被らないようにして、ワクワクしながら来週を迎えたいと思います。

今週はこれでfxトレード等週間報告ブログ2月第5週を終わります。

関連記事

  1. fxトレード等週間報告ブログ11月第5週

    fxトレード等週間報告ブログ11月第5週

  2. fxトレード等週間報告ブログ1月第2週

    fxトレード等週間報告ブログ1月第2週

  3. fxトレード等週間報告ブログ令和元年5月第2週

    fxトレード等週間報告ブログ令和元年5月第2週

  4. fxトレード等週間報告ブログ4月第2週

    fxトレード等週間報告ブログ4月第2週

  5. fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

    fxトレード等週間報告ブログ12月第4週

  6. fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

    fxトレード等週間報告ブログ11月第4週

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
TOPへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。